★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 32899672

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
bar1
Ponpoko8b蜜蜂
bar2
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new 本物商品だけ!ぽんぽこ笑店 『放知技』データベース


借金大国ウソ話

1:借金大国ウソ話 :

2018/02/25 (Sun) 05:30:37

host:*.dion.ne.jp
2月19日の投降記事に関する、我が日本国が借金大国であるという妄想。我が日本国は借金大国でもなければ、貿易立国でもない。今回の飯山氏の首唱に納得する次第だ。私が我が日本国のこの借金の問題についていろいろと調べ上げてきた末の理由に関する簡略版がこれである。
◆●◆ 日本は「万年経常黒字国」だ:
 日本は「貿易立国」でもなければ「借金大国」でもない(むしろ日本に対する世界の依存度は高まっている)。以下その理由。:
 * 日本は内需型の国(個人消費のGDPに占める割合は約60%、米国は約70%だが貿易赤字大国だ)。[日本のGDPは約500兆円で、そのほとんどが内需]
 * 日本は戦後、経常赤字国だったが、国民の血と汗と涙で赤字を減らし、輸入の対GDP比を縮小して来た。「日本型経済モデルは、石油や鉄、レアアースなどの資源を輸入(GDP比で5%程度)であるが、後は国内で調達した物と技術で製品を生産、主に国内に売るというスタイル」。他の輸入品は日本企業が海外に持つ子会社からの逆輸入品や安い食糧などが大半を占めるので、デフレになる訳だ。因に自動車などの輸出が目立つが、耐久消費財の輸出は全輸出の20%にも達していない。要するに、国内で物を作る為に、一部特殊な物を除いて殆どが国内で調達可能なのだ。「そういう国が貿易に頼らなければならないという発想自体がナンセンス」。つまり、「物を作っても支払いの95%以上は国内に払う」訳なので、生産量が増えれば、増えた分の流動性さえ確保すればいい。
 * 日本の輸入と輸出の対GDP比はそれぞれ約10%であり、それでも経済大国である。
 * 日本は「万年経常黒字」で、その累積である「対外純資産が世界一で約250兆円」もある。
 * 日本の貿易依存度(輸出プラス輸入額÷GDP)は、先進国の中でも米に次いで低く、多い年でもせいぜい30%程度であり、近年の輸出マイナス輸入の「純輸出は平均でGDP比2%、最近では1%程度(これがGDPにカウントされるので、経済成長には殆ど寄与しない)。
 * 対GDP比での日本の輸出依存度はドイツよりも低く、一人当たりGDPは世界第16位(ドイツの同依存度は日本の3倍で、同GDPは第19位←周りに輸出相手国がひしめているのがドイツ)。
 * 国家のバランスシート上の黒字(資産)と、国富(金融純資産プラス非金融純資産)は世界一(政府が米中のようにマネーを増やすべく、国債の日銀引き受けを増やせば世界一の財政優良国になる←だがこれは各国中央銀行の親分である湯田金により邪魔されている)。
 * 資源系の輸入は約30兆円のみ(同額の輸出をすれば収支がとんとんとなり均衡する)。この輸入は、代替材料・新エネルギー・海洋資源の開発や省エネ・リサイクル技術で圧縮可能(限りなくゼロになるよう減らすことが可能)。
 * 海外の日本企業生産拠点からの売上は200兆円(=仏蘭西のGDP)だが、国内への利益還元分は約3兆円のみ。
 * 防衛産業・技術をもっと強化すれば、金と力で日本を間接支配している湯田金がしっぽを巻いて逃げ出すこと必至(日本人はすごい代物を創り出すことができる)で、ますます国が潤うことになるだろう。
 * 「日本の輸出の問題は、70%以上を世界が必要とする資本財や生産財が占めている」ので、「矢面に立たされるのは10数パーセント」に過ぎない、「自動車に代表される耐久消費財だけ」ですが、減らした分は国内で増やすしかありません。十分可能です。さらに海外には、生産拠点を増やす、あるいは円借款、インフラ支援、技術供与等で、言葉は悪いのですが手なずけるのが安全保障上有効です。そこは第二次大戦前とは決定的に違います。当時とは国力が比較になりません。カードは沢山あるのです。最悪のケースで、昔のABCD 包囲網のようなものを布かれても、何とか切り抜ける力はあります。むしろそうしてくれた方が、やるべき事がはっきりしていいかもしれません。最初は確かに厳しいでしょうが、将来的なメリットは大きいのではないでしょうか。
 * 「1000兆円あるとも言われる政府の赤字」ですが、実はここもトリックがあります。「政府の金融資産は650兆円もあり、発行済国債の70%近くは、その政府系金融機関が保有」します。残りも大半はドルの担保付きの短期証券ですから、「純債務と言われるものは多めに見積もっても250兆円くらい」にしかならない。会社で言えば、決算書の中の貸借対照表(バランスシート)を見れば明らかなように、「日本は資産が負債を250兆円(2011年末)程上回っている」のです。「だからこそ対外純資産(対外債権)が存在」します。
▼ 『政府通貨を理解しよう』(月刊・沈黙の兵器)リンク(http://www.geocities.jp/untilled/ep57.htm
▼ http://ust.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/index.html
3:天然居士 :

2018/02/26 (Mon) 15:49:07

host:*.ocn.ne.jp
日本経済不沈艦説の様で、めでたい限りです。

ちなみに、国債・国の借金はいくらまで放っておいていいのですか。
2000兆円、3000兆円、それとも無限ですか。
日銀はいつまで国債を買いまくれるのですか。これも無限ですか。
それができるのなら、税金廃止どころか、政府がおカネをバンバン刷って国民に配ればいい
じゃないですか。

日本は貿易に頼らなくてもやっていけるといいますが、日本はこれから人口急減期に突入します。
国内市場はどんどん縮小します。大量に移民を受け入れないかぎり海外に活路を見出すしかないでしょう。

日本の得意のものづくりも、電気自動車の時代になってもトヨタ、ホンダは生き残れるでしょうか。
あれほど強かった家電が韓国や中国に圧倒され、スマホでは見る影もありません。

石油が止められたら、日本社会が即干上がる事態は全く戦前と変わりありませんよ。
代替エネルギーで全発電をまかない、暖房をし、すべての自動車を動かすなどはまだ夢物語です。
世界と協調していかない限り、日本民族に生きる道はありません。

防衛産業を振興し、日本を死の商人国家にするのが理想ですか。
戦後70年余、日本民族が築き上げてきた平和国家としての評価を、カネのために破壊するのですか。
湯田金も真っ青なカネの亡者ですね。

日本政府と日銀が、「円」の信用保持の努力を放棄したら、ハイパーインフレが起きるのじゃないですか。
輸出企業はいいかもしれませんが、私ら年金生活者は路頭に迷います。
でも物価が100倍になれば、国の借金も実質100分の1になる。これが財務省の真の狙いではないですか。
2:頭悪いおじさん :

2018/02/26 (Mon) 12:42:34

host:*.nttpc.ne.jp
[国債の日銀引き受けを増やせば世界一の財政優良国になる←だがこれは各国中央銀行の親分である湯田金により邪魔されている)。]

なぜ邪魔をするんですか。邪魔をすると湯だ金はどう得をするんでしょうか。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.