★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39524650

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


ツラン文明(大田説など)

1:鹿之助 :

2011/01/28 (Fri) 22:28:35

host:*.plala.or.jp
飯山さん

「ツラン文明」について大田氏が下記のように述べています。
人類最古の、そして天地の公道を行く正統な文明はツラン民族によって生み出されたツラン文明である。 
少なくとも1万数千年以上前にツラン文明の原型は成立しており、シュメール帝国はこのツラン文明の南下した一分派である。

「ツラン」とはシュメール語で「天の子、天の保持者、天の帯」を意味し、ツラン民族とはツラン平原で発祥し、ウラル・アルタイ語族に属し、北方アジア民族とも呼ばれ、言語はウラル・アルタイ系の膠着語(孤立語の中国語、屈折語のインド・ゲルマン語と文法が根本的に違う)を語り、ツランから発してユーラシア大陸全域に棲みついた(ヨーロッパの大部分はアーリア族、アジアのほとんど全部とヨーロッパの東部はツラン族)民族で、北ツラン族と南ツラン族に分け、北ツラン族をウラル・アルタイ語族と称した。

北ツラン族 ; ツングース、モンゴル、トルコ・タター ル、フィン・ウゴール、サモエード
南ツラン族 ; タマル(タミール語族)、ボオチア(チベット・ブータン語族)、タイ(シャム)、マライ

氷期の終わる2万年から1万年くらいの間に、中央アジアのタリム盆地一帯に人類最初の農業文明がアジア自生人種(黄色人種)によって生み出された。
純然たる自然条件の変化(悪化)によりこの農業文明は衰退し、住民の大部分は移住を決意した。
 
そして、9000~7000年前までの間に、
1. 中国大陸の全域に拡散して漢族、苗族となり
2. 日本列島にも到達して縄文文化人となり
3. タイに入って東北部のパンチェン文化人となり
4. インド西北部から西部に入ってインダス人となり
5. メソポタミアに入ってシュメール人となり、
6. 中央アジア、西方アジア、西方ヨーロッパ方面に向かって各種のウラル・アルタイ系、ツラン系の民族になり、
アジア最深部からユーラシア大陸各地に農業文明が、そして農業とともに宇宙観、世界観、そしてそれにもとずく学術と道徳、人道の秩序の体系が伝播していった。


鹿之助拝
2:飯山一郎 :

2011/01/31 (Mon) 19:01:07

host:*.ocn.ne.jp
鹿之助さん
このBBS=掲示板は使いづらいです。
旧式のエレベータみたいにノロノロと上下するだけで疲れてしまう。
鹿之助さんのこのMSGも偶然発見しました。
遅蒔きながら読後感をしるします。

私の場合、歴史は知識の累積ではありません。
自分が属する国家の「いま現在の立ち居振る舞い」と「成り立ち」、
これを知り、判断するために歴史を学び、考えます。
悪く言えば、自己中心主義の歴史学です。

ツランの研究は、イラクのクルド、スペインのバスク、中国のチベットのごとく、
弾圧の対象でした。
つまり、ツランの研究は既存の国際国家秩序を破壊するパワーを秘めています。
ともかく日本は、ツラン→ツングース→扶余→百済→済州島→九州宮崎→
志布志・種子島→大阪・難波→奈良という経路で国家・社会・民族を形成
してきました。
このルートとルーツを、私は丁寧にたどり、大切に研究したい…、
といった気持ちで、私は「ツラン」を学んでいます。
以上。飯山一郎。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.