★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27027765

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!私達の国=日本はイケイケ55だ. 小イケにハマったのはコイケだった. 飯山 一郎
祝:自民圧勝!これで日本は豊かで平和で強い国になる!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


様々なもので豆乳ヨーグルトができる

1:シカゴ・ブルース :

2013/03/12 (Tue) 01:27:21

host:*.bbtec.net
「米と豆乳でつくる豆乳ヨーグルト」スレッドの
#34 http://grnba.bbs.fc2.com/reply/14152650/34/
でギリスさんが、紅茶やハーブティ、桑の葉茶、コーヒーのそれぞれを種にして豆乳ヨーグルトが
できたという報告をなさいました。また、
#60 http://grnba.bbs.fc2.com/reply/14152650/60/
では、唐辛子やドクダミ茶でも豆乳ヨーグルトができたとおっしゃっています。さらに、
#73 http://grnba.bbs.fc2.com/reply/14152650/73/
で、赤紫蘇茶、干し椎茸、生姜はちみつ、それに酒かすでも成功したと書いておられます。

その間私も触発されて米乳酸菌以外の乳酸菌を種にしたヨーグルト作りを試してみました。現在ま
でのところ、日本茶・蜂蜜・加工黒糖・しょうがシロップ・ミカンの皮の陰干し・そうめん・干し
蕎麦とレッドペッパーを種にしての豆乳ヨーグルトに成功しています。

また、米乳酸菌については米粉と豆乳でヨーグルトができることを確認済みです。そうめんででき
て米粉でもできたわけですからおそらく小麦粉でも豆乳ヨーグルトができるのではと思っています。

私のところにはもう試せそうな食材がありませんが、豆乳ヨーグルトの種になるものはほかにも
たくさんあるのではないかと思います。
32:ギリス :

2013/05/07 (Tue) 02:05:37

host:*.dion.ne.jp
シカゴさんへ
梅干・豆乳ヨーグルトには、球菌もありましたが、酵母らしきものがたっくさんおりました。
アーモンド・豆乳ヨーグルトにも球菌と酵母がおりました。皮にくっついてた?
他の豆乳ヨーグルトには、球菌主体で桿菌も少し混じってましたが、酵母は確認できませんでした。
(あ、ゆず蜂蜜ヨーグルトには少量いました。)まだ涼しいので、酵母は増えにくいのかもしれません。
乳酸菌の方が、寒さに強い感じがします。また、乾燥させたり、火を加えたり、糖分ぜめにしたりした
ヨーグルト種の方が、どうやら雑菌が静菌されてしまうのか球菌主体で、あまり他の形の菌が見えない
ようです。まだ例数が少ないので、そんな感じとしか言えないのですが。これから季節が変われば、ま
た微生物の活動も変わるでしょうし・・きっと太陽光、宇宙線、地磁気などのお互いの干渉作用なんて
のにも反応するのではないかな などと想像しています。気温だけではなく、利用できるエネルギー波
の季節変化とも絡んでいるのではないかな?単離して、人工培養しているのではわからない菌の性格と
いうものがあるような気がします。菌たちのしのぎあいとか住み分けとか。夢想するのも一興です。ど
んなに精巧な顕微鏡で観察したって、きっちりわかるはずのない事です。菌は名札つけてないし。人は
ほんの少ししか知りえない。そのホンの少しを針小棒大にして、善玉、悪玉とか言い募ったりするのは
どんなものでしょうねえ。例えば、ピロリ菌を槍玉にあげて、癌の元とかいったりして。ピロリ菌の全
てが癌化促進物質を出すわけではないというのに。また、除菌とかいって、ペニシリン系の抗生物質を
マクロライド系と併用したりするようですが、耐性菌がでませんか?インドから発生した抗生物質の効
かないスーパーバクテリアなんてのもいますが、日本発スーパー・・・なんて事になっちゃったら??

乾燥わかめ、豆を種にして観察中です。どんな豆乳ヨーグルトになるやら楽しみです。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.