★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 33668286

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


気が向いた時に有益そうな健康法を語るスレ(2)

1:飯山一郎 :

2015/09/06 (Sun) 23:53:32

host:*.ocn.ne.jp
『気が向いた時に有益そうな健康法を語るスレ』 は…、ロズウェル氏が立てたスレだが、
「養生法の探求」先生の深い医学知識をはじめ、最近の中島健介氏の「飲尿健康法」至る
まで、有益な情報が満載だった。
拝金主義に堕した現代医療が「殺人医療」と化した今、「有益そうな健康法」を語りあい
ながら、自力で病気を克服する道を探ることは、まさしく救命と長命の礎(いしずえ)で
ある。前スレッド同様、活発で有意義が議論が展開されんことを祈りたい。
853:ハリィー今村 :

2017/12/14 (Thu) 19:34:42

host:*.tokai.or.jp
851の堺のおっさんへ

仰るように肩甲骨、これ不思議な骨ですよ。

ちょっと前から肩甲骨はがし、とか、肩甲骨回し、

なんて言葉がブレイクしていますね。

肩甲骨トレンドが来ていると。

それとはべつに、堺のおっさんなら、簡単なヒントでピンと来るかと思いますが、

わたしが現在開発中の秘蔵のツボは、肩のグルリを触っていくと、

エアポケットかクレバスのような凹みが見つかります。

この凹み、まさに壺と呼んでいいかと思いますが、

これ、そうとうに効きます。

ほんとは、この秘蔵ツボのネタは、将来的に本にして、

公開しようと密かに仕舞っておいたので、

こんな程度のヒントでしか伝えられません。

偉大なる生理学者のアレキシス・カレルは「人間、この未知なるもの」を、

動物学者のデスモンド・モリスは「裸のサル」を、

経済学者の栗本慎一郎は「パンツを脱いだサル」のタイトルで著書をものしました。

私は、ですから、「人間、この頭でっかちのサル」なんてタイトルで本を書こうかと(笑)

この頭でっかちのサルは、奇形の突然変異に違いない。

やっとダーウィン進化論の証拠が見つかった!

大脳の肥大という直立二足歩行にはまったく適していないこのスタイルが、

なぜ他のサルを圧倒できたのか?

氷河期に適応したネアンデルタール人のずんぐりむっくりのスタイルの方が、

よほど直立二足歩行には向いている。

大脳が肥大するという奇形は、ほっそりとしたクロマニヨン人に知性を与えた。

その知性が武器をもたらし、結果としてネアンデルタール人を圧倒したと推定できる。

人間は本当に不思議な生き物だ。

脳の肥大というリスク、奇形が、最終的には人類に文明まで築かせた。

ただ、人類は知性が優れ、脳が大きいゆえに、

パンドラの箱の寓話よろしくあらゆる災厄まで引き込んでいる。

この先の人類に何が待ち受けているのかは不明だが、

取りあえず、この直立二足歩行に不向きなプロポーションに由来する

首こり、肩こり、腰痛、をはじめとするあらゆる症候群を未然に防ぐ方法は、

わたしの手で編み出したい。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.