★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28684354

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


しとりごと3

1:さすらいの旅人 :

2015/09/15 (Tue) 17:15:20

host:*.mesh.ad.jp
どなたでもご自由に
(前スレ http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14539517 )
886:亀さん:

2016/01/27 (Wed) 10:54:12

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1453859652.jpg >>878


鉄道遅延さん、ホント、精力的なカキコですね、数ヶ月前とは別人…。ボッキ…、ではなくてポルケ? まぁ、野暮な話はともかく、これからも精力的なカキコを楽しみにしています~♪

ところで、レイテ島と言えば、なんてたって大岡昇平の『レイテ戦記』だよねぇ…。

1972年4月、ロンドンで知り合ったアルゼンチン人の綺麗な尾根江さんが好きになって、彼女の故郷南米(アルゼンチン)へロンドンからひとっ飛び、半年間も南米大陸を放浪した(ヒマだったからね…)。だから、亀さんのスペイン語は綺麗な尾根江さん仕込み…。その後、尾根江さんは亀さん宅に半年近く居候、それからン十年後、尾根江さんの娘の洗礼で、亀さんは娘さんのゴッドファーザーに…。

大岡昇平の影響でレイテ島には幾度か足を運んでいるけど、地元の人たちの交わす現地語(セブ語)から、時折、「亀さんは…バカァ~♪」という会話が、耳に飛び込んでくる。スペイン語知らなかったら、頭に血がのぼっただろうね…。彼らはカラバオ、つまりバカ(牛)の話をしていたというワケ…。

股寝(アスタルエゴ)!

亀さん@明日締め切りの仕事(翻訳)で青息吐息…。でも、明日はブログ記事を書けそうだ

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.