★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25075130

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -12-

1:飯山一郎 :

2015/11/17 (Tue) 15:54:51

host:*.ocn.ne.jp
世界は、いま、既存の構造そのものが変容しはじめ…、国家の崩壊、社会の混迷、経済の混乱、人心の乱変等々、世界の全局面が混沌の様相を呈している。「パリ偽旗テロ」なんぞは、その一現象でしかない。我が日本国は、「崩壊先進国」・「カオス大国」として世界の最先端を先駆している。我々は、カオス化崩壊現象の渦中でも生き残る知恵と技術を磨くほかはないのだ。
994:飯山一郎 :

2015/12/26 (Sat) 17:21:51

host:*.ocn.ne.jp
>>988 mikionzさん 拙文へのコメントありがとうございました。

現在、中東やウクライナで問題になっているテロリズムの原因はハッキリしています。

テロリスト集団は、ガンのように自然発生的ではありません。

「一部の国の無為と幇助がISISを誕生させた」 と、プーチンが指摘したとおリで…、
米・英・イスラエル・トルコが、テロリストを養成してきたのです。
 (http://sptnkne.ws/ah4B

米・英・イスラエルは、イラク・ウクライナ・リビアでヤったように、そして今、シリアでヤっている
ように、独立した主権国家に対して「独裁だ!」とイチャモンをつけ、「民主主義革命」を輸出し、
ウラではテロリストを養成して派遣し、その独立主権国家を内乱状態にしてツブス!

独立国家を内乱状態にしてツブして、国富を略奪し、さらに属国にする! この目的のために
テロリストを養成してきた米・英・イスラエル。この三国を相手にプーチンは闘っているのです。

米・英・イスラエル(の戦争屋勢力)が養成したテロリスト集団は、武力を用いて徹底的に殲滅
する以外に方法はありません。

実際に今! テロリスト集団は、米・英。イスラエル・トルコの国軍の支援をうけながら、シリアの
街々を破壊し尽くそうとしているのですから…。

ついでに言いますが…、東洋医学の一派が「ガン組織は体内の毒素を集める働きをしている」
と主張しているのは妄想です。

「体内の毒素」ってのは何ですか? ってことです。
体内で生成される老廃物や酸化物は毒素ではないですし…。

「体外から入った毒素」は、ガン細胞の力を借りなくても、見事に解毒・排毒されています。

強いて言えば、放射性物質が原因で生成されるガン細胞は、「毒素」でしょうが、この「毒素」は
マクロファージやMK細胞などの免疫細胞が、物理的・暴力的に「処理」しています。

いま…、
米・英・イスラエル・トルコ、そしてISISなどテロリスト集団を必死になって「処理」しているのは、
プーチンの司令で働くロシア航空宇宙軍という免疫細胞群です。

中東のガンを駆除するのは、プーチン以外にいない! ということ。肝に命じたいと思います。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.