★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25454076

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -20-

1:飯山一郎 :

2016/10/31 (Mon) 23:54:54

host:*.dion.ne.jp
中国に4ヶ月も滞在した日々は,表面的な事業進行は至極順調であるも,裏面では背信や裏切りを見抜き対処する三国志.異国での丁々発止は思考訓練の場としては最適であった.帰国して見聞する祖国の状況は「人が消えている!」の一言で説明可能だ.高性能の火葬システムが3年以上もフル回転してきたのだから,多死社会の認証にデータは不要だ.それにしても日中ともに,藪医者の如くデータなくば現実認識が出来ぬ阿呆が多すぎる罠!乱世・末世は,洞察力ある者のみが生き延びる.全身全霊を挙げて洞察力を磨け!
843:飯山一郎 :

2016/11/26 (Sat) 00:33:22

host:*.ocn.ne.jp
>>834
「酸っぱいは性交の元」といえば…,ワシにも甘酸っぱい思い出がある.

おフランスはパリのブローニュの森(Bois de Boulogne)を散歩していたら,木製の長椅子に座って読書している高貴そうな貴婦人の姿!

チャタレー夫人の恋人になったつもりで,ワシは横に座り,話しかけた.

ワシのズーズーしさを嫌がるでもなく…,やがて(1時間後)二人は眼と眼を見つめあって,恋人のように甘いささやきを交わしあうよ~になった.

二人は,一瞬でビビビ,ビッ! 恋に落ちたのだ.

夕方だったし,寒かったので…,ワシはアンバサダー・オテル(ホテル)の部屋の番号を教えて,その場を立ち去った.(このオテルは『翼よ あれがパリの灯だ』で有名.)

中略して話すが…,
部屋の鍵を閉めずに,甘酸っぱいワインを呑んでから,ワシは夕寝を楽しんだ.

ふと目覚めると,大きなベッドの隣に,あの貴婦人が寝ているではないか!

当然のように,二人は甘酸っぱく交わり始めた.

交わってから気づいたのだが…,貴婦人の身長は190センチもあった.ワシは159センチ.

だっから,ベーゼ(キス)を熱烈に要求されると…,抜いて,這い上がっていってベーゼ!

すると,貴婦人はノケゾリながら,「入れて!」と熱烈に要求するので,ベーゼを中止して,ズリ下がって行って,入れる.

ノケゾル貴婦人の身体の上を,這い上がったり,ズリ下がったり…,それが2時間も続いたので,ほんと,ワシは忙しかった!というよりも疲れた.

途中で甘酸っぱいワインを呑んで頑張ったが…,疲れきった.

あんなに疲労困憊(ひろうこんぱい)した経験は,ない.

が,しかし,今となっては甘酸っぱい想い出のひとつです マル.

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.