★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28743466

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -20-

1:飯山一郎 :

2016/10/31 (Mon) 23:54:54

host:*.dion.ne.jp
中国に4ヶ月も滞在した日々は,表面的な事業進行は至極順調であるも,裏面では背信や裏切りを見抜き対処する三国志.異国での丁々発止は思考訓練の場としては最適であった.帰国して見聞する祖国の状況は「人が消えている!」の一言で説明可能だ.高性能の火葬システムが3年以上もフル回転してきたのだから,多死社会の認証にデータは不要だ.それにしても日中ともに,藪医者の如くデータなくば現実認識が出来ぬ阿呆が多すぎる罠!乱世・末世は,洞察力ある者のみが生き延びる.全身全霊を挙げて洞察力を磨け!
869:堺のおっさん :

2016/11/26 (Sat) 10:06:27

host:*.ocn.ne.jp
皆様、昨晩はお騒がせいたしました。

一極思考にとって最大の敵は代替的な見解
続きを読む: https://jp.sputniknews.com/opinion/201611263053903/

トランプ騒ぎで、そちらの方ばかり見ていると世界の流れが歪んで見えてしまう。
日本での対露姿勢の変節と機を一にしてEUでも最後のあがきが活性化している。

中露への覇権移行という大視点は何ら変わりがないが、何事もまっすぐな道で進む
ことはほとんどない。極東と欧州での逆流はいわば、短期での現象とみてよいと思う。

ひと筋縄でいかないことを敏感に察知したプーチンはすぐさまアメリカ戦争屋包囲網
を軍事的にも着手。通常米ロは太平洋や大西洋を挟んで対峙しているわけではない。
最前線は北極海だ。バレンツ海だ。

人知れず北極海でにらみ合う戦略原潜。戦後変わらぬ本当の最前線。この安定だけ
では追い詰められたアメリカ戦争屋の暴発を止めることができないとプーチンは
判断したのだろう。そこで、睨み合いから一歩進めて「包囲網」へ着手。

それが、キューバでの基地再設置であり、択捉・国後でのミサイル配置である。
ロシアの戦略原潜は北極海のみならず、太平洋からもにらみを利かすことになる。

12月のプーチン・安倍会談。可能性は低いが流れる可能性も出てきた。
その場合、12月の相場は大荒れとなる。ここからの投資は慎重に。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.