★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28707271

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -20-

1:飯山一郎 :

2016/10/31 (Mon) 23:54:54

host:*.dion.ne.jp
中国に4ヶ月も滞在した日々は,表面的な事業進行は至極順調であるも,裏面では背信や裏切りを見抜き対処する三国志.異国での丁々発止は思考訓練の場としては最適であった.帰国して見聞する祖国の状況は「人が消えている!」の一言で説明可能だ.高性能の火葬システムが3年以上もフル回転してきたのだから,多死社会の認証にデータは不要だ.それにしても日中ともに,藪医者の如くデータなくば現実認識が出来ぬ阿呆が多すぎる罠!乱世・末世は,洞察力ある者のみが生き延びる.全身全霊を挙げて洞察力を磨け!
954:飯山一郎 :

2016/11/29 (Tue) 16:31:49

host:*.ocn.ne.jp
>>950
リスナーさん
政治勢力の拮抗図は,シンプルに考えたほうが,世界が良く見えてきます.
これは↑韓国も同じです.

すなわち…,
『米国CIA系戦争屋 vs 露中寄りの平和経済推進派』という対立構図です.

さて…,
パクネ大統領は,就任以来,ズーッと親中派だった.

中国も,パクネ大統領を常に「主賓待遇」で接してきた.

●ところが,この↑状況が一変する事態が発生した!!

それは…
本年7月8日,韓国国防省と在韓米軍がTHAADミサイルを在韓米軍に配備することを最終的に決定した!と(大統領府の頭越しに)発表したことだ.

これを↑パクネ大統領が明確に否定しなかった(否定出来なかった)こともあり…,中国は「韓国のTHAAD配備決定」を理由に,韓国という国家の全てを強烈に否定しはじめた.

これでパクネ大統領は,「中国という後ろ盾」を完璧に失ってしまった.

これが↑パクネ弱体化の発端です.


中国は,米国CIA系戦争屋の韓国攻略(キムチ・カラー革命)を甘く見ていた….

以上が,パクネ大統領が退陣に追い込まれてゆく流れの国際政治的な背景です.

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.