★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27519597

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


『てんや蛙』の『座敷牢』

1:飯山一郎 :

2016/12/05 (Mon) 15:12:39

host:*.ocn.ne.jp
『放知技』の常連諸兄なら,本スレのタイトルを一見すれば一瞬で納得だろう.しかり!本スレは,揚げ足取りやイチャモン,難癖つけしか出来ない「ボロボロ・ウラジミール蛙」こと軒下蛙クンを隔離収容するスレである.軒下 蛙クンは,このスレだけに書くよ~に! ←このルールを破った場合は,アク禁!【管理人】
971:明石原人 :

2017/02/18 (Sat) 06:06:38

host:*.nttpc.ne.jp

三途の川を渡るとき。二度や三度は誰しもある。

9:25分か9:29分かの電車に間に合いそうだと、格安切符560円を買う。

走って、何とかホームにつく。9:25分に乗れそうだ。

「あ、おつりを取り忘れた」

一万円を入れたのに切符だけ持って走ってきたのに気づいた。

改札を「おつりをとりわすれたあ!!」と叫びながら、走り抜ける。

駅員は呆然と見送る。

あったあ!おつり9千円が顔をだしたままあった!!

9千円、よくあったものだと、駅に向かって走る。

あっ、460円、硬貨も取り忘れている!!

また引き返して、硬貨をとり、

改札口を走って通り抜ける。

やっと、納得顔の駅員さんを尻目にホームへと階段をおりる。

9:25分の電車は出ていったあとだった。

気分が悪くなり、目の前が真っ暗。

倒れたこんだようだ。気を失った。

真っ暗闇の中で、大勢の人声が聞こえる。

わいわいざわざわ。

突然静かになり、若い女の人の声。

「大丈夫ですか。」

倒れている私を若い女の人が一人、声をかけてくれている。

周りは誰もいない。

女の人、一人。

突然「9:29分はきましたか。」と自分の口からなぜか突如声がついて出て、

「いえまだです。」の答えに、

「大丈夫です。」と、立ち上がり、

「あ、4分以内の出来事や、大丈夫。」と思い、近くのいすに座り込む。

動悸が激しく、やっと状況がつかめてきた。

女の人は少し離れたところから何事もなかったようにしてくれ、・・・。

あの時の、あのわいわいざわざわはいったい何だったのだろう。

あれが三途の川のにぎわいだったのか。

三途の川を渡る人が多すぎて、渡りきれずにいたところを、
「大丈夫ですか」の声で、この世に呼び戻されたのでしょう。

動悸と頭がんがん。

命を消す手品の練習だった。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.