★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25809345

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


断食スレ

1:yújiā :

2017/01/19 (Thu) 16:19:27

host:*.ocn.ne.jp
難しい話は、置いておいて少し断食を語る― A week fasting journal
18: 上州木枯らし門次郎ことムー :

2017/01/20 (Fri) 20:04:31

host:*.bbtec.net

 そうですね。飢餓で脳内にモルヒネ様物質が分泌され、いい気分になって幸福感に満たされると言いますね。
さらに脱水に至れば血液が濃くなって意識レベルが下がってボンヤリ状態に。さらに酸欠でもβエンドルフィン分泌で
夢見心地に。 病気末期で自然に食欲がなくなることと上記の最初の飢餓を入れ替えれば以降は同じ経緯ですから死も本来
苦痛や苦しみなく次元推移出来るよう自然の手配がされており、この段階で無用な延命策は本人にはお節介を超えて苦しいだけです。
 医師の中村仁一氏などがよく指摘されているところで生ききる上で医学知識として最重要と思います。
 ただ小食や断食は慣れるまで意志力が必要で実践者の皆さんから色々学ばせて頂きたいと思います。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.