★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27512930

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -23-

1:飯山一郎:

2017/02/16 (Thu) 12:50:24

host:59.8.72.31
前スレでは『破武の横領罪』が問題になった.放知技のスターだった破武のニギヤカな書き込みは,すべて「客集め」と「カネ集め」の為だった.このことがバレ,飯山一郎が叩きまくり,社会的制裁を受けた結果…,破武(中村正臣)は発狂自爆状態になり,帰国もできない.破武は「飯山一郎」の名を一生忘れず,ウラミ骨髄の人生.それでE~のだ.水に落ちた犬を更に叩く!こ~ゆ~激烈な表現活動を鍛える道場.それが放知技なのだから….本スレも更に激烈なスレにするべ!>皆の衆
281:ままりん :

2017/02/24 (Fri) 15:28:07

host:*.enabler.ne.jp
EG様、みなみなさま、こんにちは (=^ω^=)!
いつもありがとうございます!

>>222 
本当にすごいと思いました。
放知技のEG様の先日の書き込みを読んだとき、奇しくも
亀のお兄様が参照されてた竹下首相のことが頭に浮かびました。
仮にも一国の総理大臣を逆さに吊るして海につける・・・。
きっとあったんだろうなと誰もが思うでしょうから、それを考えれば、
こんなことは、やはり日本への強い思いがなければ
できないことではないでしょうか。
米国の戦争屋が日本に何をしてきたか、何をしているかを
考えたとき、至極自然なことと思います。

今日、沖縄県民の長年の健康被害の訴えが認められ、301億円の賠償命令が確定しました。
飛行差し止めの請求の方は、『日本政府は基地における米軍機の運行を規制できる立場にない』と却下。
ほほぉ~、これはおもしろい。
国民の頭の上を飛ぶという外国のヒコーキを、そこの政府が「規制できない」!?
はぁ~~~!?ここどこの国なんですかぁ~~~?(あ、国じゃないのか _| ̄|○)
沖縄の方々を想う時、本当に自分の無力を恥じ入るばかりですが、
無力な同胞の一人がせめて沖縄県民の方々に対してできることとして、
この判決を、もろ手を挙げて支持したいです。そして飛行差し止めの控訴では、
裁判所は日本魂みせて却下して欲しいです。
そしてもう米軍は米国へお引き取り頂きたい。米軍がいなくなるという話になると、必ず
「日本の防衛をどうするんだ」という議論がでてきますが、戦争は故意に起こさない限り
起こるようなもんじゃないということは、あたくしのような一般市民も知る所ですし、
何より日本の国土は、既に核攻撃受けたも同じ状態なのに、
何を言ってるんだろうと思います( ̄◇ ̄;)。

今もって沖縄をはじめ日本は、徹頭徹尾、バカにされ放題、やられ放題。
でも、叱られることを覚悟で申しますと、沖縄では問題が共有されているのが
うらやましいです。他の県では骨抜き政策にまんまと嵌り、社会問題に全く無関心。
自分たちが何されてるのか、どんなにバカにされてるのか全く気付かないでいて、
問題は共有など程遠く認識すらされていない有様です。

だからどうか「沖縄は日本ではない」とは思わないで欲しいのです。確かに
沖縄県以外では沖縄の問題が真剣に考えられていない、と言われても仕方ない体たらくですが、
よく理解されていないのは沖縄のことだけでは決してなく、自分たち自身の
健康や命に関わる問題ですら、きちんと理解されていないのです。
沖縄の問題は、軽々しく一言で言い尽くせることでは到底ないと、
もちろん思ってはおりますが、理解が薄いのは沖縄のことについてだけではないという点を
知って欲しいのです・・・。

長々、申し訳ございませんでした。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.