★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28766220

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -23-

1:飯山一郎:

2017/02/16 (Thu) 12:50:24

host:59.8.72.31
前スレでは『破武の横領罪』が問題になった.放知技のスターだった破武のニギヤカな書き込みは,すべて「客集め」と「カネ集め」の為だった.このことがバレ,飯山一郎が叩きまくり,社会的制裁を受けた結果…,破武(中村正臣)は発狂自爆状態になり,帰国もできない.破武は「飯山一郎」の名を一生忘れず,ウラミ骨髄の人生.それでE~のだ.水に落ちた犬を更に叩く!こ~ゆ~激烈な表現活動を鍛える道場.それが放知技なのだから….本スレも更に激烈なスレにするべ!>皆の衆
361:飯山一郎:

2017/02/26 (Sun) 21:47:28

host:112.166.192.107
>>328
     「政治」を語るための前提条件について ーその4ー

これまでに書いてきたことは↓↓

1.「政治」は,個人的な「好き嫌い」や「善悪」を排除して語るべし! >>324
2.「ヤツは敵だ.敵は殺せ!」 ←これが政治の本質. >>325
3.先ずは,「敵か?味方か?」 ←これを基準にして「政治」を語るべし! >>328

私は前回,「政治の本質」について↓↓過激な文章を書いた.

「政治」は,命懸けの闘争であり…,「敵か?味方か?」 ←これしかない!

いま…,
ネオコン戦争屋(アーミテージ)と,反戦争屋(安倍晋三)の闘いが激烈になっている.

こういう↑↑政治状況のなか…,

安倍晋三を非難する言動は,アーミテージを喜ばせるだけだ!

それでも,安倍晋三が大嫌いで憎くてたまらないシトは,好きにするが宜しい.


しかし!

「政治」を語るには,「政治」を語る論理,基準,レベルがあることは,この際なので言っておきたい.


さて…,聖書(マタイ伝)には,イエスの言葉として,次のよ~な一節がある.

『カエサルのものはカエサルに,神のものは神に返しなさい』.

カエサルとは,ローマの政治家・シーザーのことだが…

イエスは2千年も前に,「政治の論理」と「神=善悪道徳」は,分けて考えるべきことを説いていたのである.


時代が下って15世紀,イタリア・フィレンツェに生まれた政治哲学者・マキャベリは…

『君主論』 『ローマ史論』を書いて…

「政治は宗教・道徳から切り離して考えるべきである!!!という現実主義的な政治理論」を提唱した.

政治家(国王)には,ウソも,ダマシも,オドシも,殺しも…,手段を問わず,すべてが許される!←これが「政治」とゆ~ものだ!とまで,マキャベリは言い放ったのである.

しかり! 実際に,現実…,「政治」の世界には,ウソも,ダマシも,オドシも,いや,殺しすらもが横行している.

そういう「政治」という凄まじい世界に対して,宗教・道徳的なキレイゴトを言っても…,それは無駄で無意味!

「政治」を語るには,このくらいのコトは↑↑念頭におかないと,間違ってくる.誤る! と言っておきたい.

(つづく)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.