★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25095041

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -23-

1:飯山一郎:

2017/02/16 (Thu) 12:50:24

host:59.8.72.31
前スレでは『破武の横領罪』が問題になった.放知技のスターだった破武のニギヤカな書き込みは,すべて「客集め」と「カネ集め」の為だった.このことがバレ,飯山一郎が叩きまくり,社会的制裁を受けた結果…,破武(中村正臣)は発狂自爆状態になり,帰国もできない.破武は「飯山一郎」の名を一生忘れず,ウラミ骨髄の人生.それでE~のだ.水に落ちた犬を更に叩く!こ~ゆ~激烈な表現活動を鍛える道場.それが放知技なのだから….本スレも更に激烈なスレにするべ!>皆の衆
968:堺のおっさん :

2017/03/12 (Sun) 10:58:35

host:*.ocn.ne.jp
>>956 御大、
政治学者になるつもりは毛頭ありませんが…

直観的政治ウオッチャーとしての見解です。

>1917年の2月から10月にロシアで起こった出来事の「世界史的役割」は
>フィクションではない。これらの出来事は大勢の人々を奮い立たせた。

最後にロシア革命を「出来事」という表現をしている。なぜ、あれは革命
だったと明確に言わないのか?

ロシア革命の本質も現在のカラー革命と共通する要素をたくさん含んでいる。
その意味で、カラー革命の本家はロシア(ソ連)であった、との認識をにじませています。

ロシア革命100周年を大々的に祝う用意はない、との姿勢にも、肯定的な
評価をしていないことをにじませている。

かつて、ロシア革命はインターナショナルなお手本として進歩的と位置付け
られようとしていたが、今日その評価は揺らいでいます。

このことを一番恥て、反省しているのはほかならぬロシアの指導者たち。
彼らこそ、カラー革命の御本尊であったなどとは口が裂けても言えまい。

その手法は時を経てネオコンに受け継がれ、ソ連解体とロシアの簒奪に
駆使されロシア国民は平均寿命が50歳を切るほどの辛酸をなめさせられた。

しかし、ロシアの指導者たち(あえて、プーチン個人とは言わない)は
このクーデター技術に過ぎない政治手法の弱点も知り尽くしている。

それが、仕掛ける側の意図とは反してあらぬ方向へと進んでしまうことも
たびたびあるということだ。人々をシナリオ通り「奮い立たせる」ことなど
出来はしないということでもある。それほど大衆は気まぐれだ。

それなりに周到に用意して、「革命」を仕掛けるが、完全な政権奪取まで
至らない場合は、逆効果になることもあるだろう。韓国の弾劾の評価も
そのことを言っている。まだまだ、これからだ… と。

補足。
東西冷戦時代、それは思想的な戦いでもあるといわれ続けてきましたが、
そこで言われてきた「思想」にも色濃く「革命」の手法が使いやすい刷り込み
の要素がたくさんあると思います。

刷り込まれた思想はただの思考の癖に過ぎないだろう。何とかの反射的な。
リアリスト以外に今日の状況を認識できない所以です。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.