★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27522264

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


乳酸菌・アミノ酸農業を語る

1:堺のおっさん :

2017/03/04 (Sat) 09:07:35

host:*.ocn.ne.jp
不思議な縁というものがある。

大昔… 天武天皇が済州島の西帰浦(ソギッポ)から九州の志布志へ。

そこから… 河内へと移られた。

アミノ酸とミネラルを豊富に含むアオサ発酵堆肥。

これもまた、同じ縁と経路で送られた。不思議なことである。


戦争が劇的に減り、人類の繁栄へと世界の各国が競う新時代が来る。

激増する人類を支える食料は、乳酸菌をフル活用した農業しかない。

アミノ酸農法はその最高峰に位置するだろう。

何億、何十億人を支える農業を語ろう!! 皆の衆。
156:わっぱ :

2017/05/20 (Sat) 07:08:46

host:*.ocn.ne.jp
>>154

堺のおっさん、おはようございます。

おっしゃる通り貧乏なんですよ(笑)

でもいつも前向きで生きてます。

だって考えたって、悩んだって、金持ちになれるわけないですからね(笑)

自然農家さんって、だから野草に詳しい人多いです。

私もそうですが、医者いけないし、薬買えないし、

だから野草で治すしかないのです。

まるで野生動物(笑)

キノコさまの本はかなり役に立っています!

飯山御大の玄米乳酸菌、太陽凝視など、されている方多いですね!(^_^)
155:農業楽し女:

2017/05/20 (Sat) 06:34:49

host:*.plala.or.jp
堺のおっさん様
アオサ肥料、購入したいです。購入できますか?

わっぱさん、じゃがいも栽培法ご教示ありがとうございます。

311直後ホまみれの野菜しかない首都圏で「自分で食べ物を作らねば」と南九州へ
避難移住し6年目です。幽霊地主の放棄地を借りて失敗だらけの家庭菜園中です。

乳酸菌で一年目はよくできた野菜、段々育たなくなりクサも小さい…。
土が痩せてきてるのかな?と乳酸菌ラクトボカシ肥料を入れ始めました。
鍬使い少しマシになりましたが目下はモグラが大敵、水仙も平気らしく…。

よろしくお願いします。
154:堺のおっさん :

2017/05/20 (Sat) 06:02:20

host:*.ocn.ne.jp
>>152 わっぱさん

私が自然農法を推奨する要点を、カミングアウトという手法で説明して頂き

感謝にたえません。

わっぱさんにお会いして感じたこと。

貧乏だな~(ごめんなさい)、そして明るいな~

この明るいな~、という面に同じリアリストとしてのにおいを感じました。

>大地や自然を守るため!なんてかっこいいこと言っている人は自然農家にはいません。

>それしかできないからやっている人が多いのです。

日本人にはフクシマを現状どうすることもできません。日本を守るため!

なんてかっこいいことを言ってもはじまらないんです。

だから、乳酸菌。おんなじです。

いろんな農法に学びましたが、どこか「農業はこうあるべき」「私はこういう

やり方が好き」という要素が満載です。

本当の農業って定義ができないものなんではないでしょうか。

定義できないが、自然の力を借りて役に立つことはなんでもやろう。

わっぱさんの語る「自然農」にはそんな姿勢を感じました。


実は御大からも「○○農法」なんてぜ~んぶまがい物だよ、

という指摘を受けていましたが、よく意味が解りませんでした。

乳酸菌を活用する受け皿として自然農ほどマッチングの良い発想はないです。

自然農を実践される農家の方々の、豊かになる姿が目に浮かびます。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.