★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25067788

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -24-

1:飯山一郎 :

2017/03/13 (Mon) 20:55:21

host:*.dion.ne.jp
2月11日,日本国の政治構造は大変化した.『米国ネオコンによる日本支配が,永久に続くものと誰しもが諦めていた時,安倍晋三首相が米国を訪問,トランプ大統領と緊密な関係を構築したのである.これは,日本に巣食っていた米国ネオコンの追放を意味する.ネオコンを斬り捨てた安倍晋三首相は,どれだけ評価しても評価しすぎるということはなく,我々は「奴隷」から「半奴隷」へと〝昇格〟したのだ!(亀さんの文章)』.本24は,亀さん説を再確認しつつ,異論反論,激しくブッ叩き合うスレにしたい.ホは通奏低音.(管理人)
207:飯山一郎 :

2017/03/21 (Tue) 17:30:13

host:*.ocn.ne.jp
>>206

安倍晋三の母方の祖父は岸信介.

父方の祖父は安倍寛.

安倍寛は↑↑戦時中は東条英機に反対して非推薦を貫き,大政党を敵にまわし,その金権腐敗を糾弾し,始終一貫,戦争にも反対を続けた.

軍部ににらまれ,昭和十七年の翼賛選挙では非推薦で戦い,当選を果たしたが,あらゆる妨害を受け,公安警察や憲兵に執拗に狙われ続けた….

まさに偉大ともいえる政治家・安倍寛の孫が安倍晋三です.

安倍晋三は,祖父・安倍寛のことは全く語りませんが…,祖父からの思想的影響がゼロということはない.

岸信介総理の孫としては,祖父・安倍寛のことは語れない.そういう政治環境にあったことは確かでしょう.


その岸信介も,一般的なイメージは「悪い政治家」ですが…

しかし,『戦後史の正体』で孫崎享は次のように書いています.

>岸はCIAとの間に闇の関係はあった。

>しかし,うまく利用して自分のビジョン(=対米自主独立路線!)

>を通した.

>このへんの芸当は戦前の満州国の経営など、きれいごとの

>通じない世界で頭角をあらわしただけある.

>岸信介曰く…,

>『政治というのは、いかに動機がよくても結果が悪ければダメだ.

>場合によっては動機が悪くても,結果がよければいい,

>これが政治の本質だと思う』 と.

>CIAからの巨額の資金援助を受けながら,安保改定に執念を

>燃やした岸の本音の言葉だ.


岸信介が,「対米自主独立路線」に執念を燃やしていた! という孫崎享の指摘は…

安倍晋三が,現在,「対米自主独立路線」を(ある程度)達成した!という流れに繋がっています.

このことは↑↑今後,『放知技』でも,しっかりと再検証すべきでしょう.


安倍晋三という為政者も,ネット知識人が考えるような政治家イメージとは,全く違う政治家である!ということです.

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.