★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25037966

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.しかし一方,本年は,「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」,「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

飯山一郎のHP(ミラー1) 飯山一郎のHP(ミラー2) なんちゃらかんちゃら 野崎博士の『文殊菩薩』 里子のブログ


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -24-

1:飯山一郎 :

2017/03/13 (Mon) 20:55:21

host:*.dion.ne.jp
2月11日,日本国の政治構造は大変化した.『米国ネオコンによる日本支配が,永久に続くものと誰しもが諦めていた時,安倍晋三首相が米国を訪問,トランプ大統領と緊密な関係を構築したのである.これは,日本に巣食っていた米国ネオコンの追放を意味する.ネオコンを斬り捨てた安倍晋三首相は,どれだけ評価しても評価しすぎるということはなく,我々は「奴隷」から「半奴隷」へと〝昇格〟したのだ!(亀さんの文章)』.本24は,亀さん説を再確認しつつ,異論反論,激しくブッ叩き合うスレにしたい.ホは通奏低音.(管理人)
228:One:

2017/03/22 (Wed) 13:37:48

host:*.plala.or.jp
>227

飯山先生、すでに私の疑問は氷解しております。
私は、飯山先生のこれまでの言説から南朝天皇に責任転嫁することを心配しただけで、皇統の連続・不連続はもとより意識してはおりません。
現状、安倍晋三にたいしてのルサンチマンを抱いているのは私ではなく、無知な状況にとりのこされた大衆なのですから。

私の知りたいのは、わしらが導きゆかれるのはどんな世界なのだろう?ということです。
無論、力のバランスによって環境は大きく異なるでしょう。
私がシベリアに活路を見出すのはそこで、日本で見捨てられた子どもたちが「何か」が出来るだろうと信ずるからです。

私の中華にたいする理解は飯山先生とさほど違っているとはおもえません。
繁字なら多少はよめますし、ほとんど毎日、中料理を作っていた時期もありました。
北京大のドクターが同僚として開発業務をやっていたときには毎日昼食を共にしていました。
ちーふぁんま?と声をかけると彼はにこやかに付いてきました。
出来の悪いマスターもいました。
Cもベーシックも出来るといっていたのに実際にはプログラムを書けなかったのです。
ふたりだけで内緒で特訓をしましたが、みんぱいぷーみんぱい?といぷとい?の連続でした。
(最後には彼はあきらめて去っていきました)
私が技術部長をやっていた折、数人いた中国人スタッフと良く話をして彼らの考え方も一応理解していたつもりです。
「子供を大学に入れるのために、ハイナンに移住しようと思う」なんていう話もしてくれました。
各省にある大学にはいるには一番有利だというのが理由だそうです。
彼らが政府を信用していないことも知っています。
中華世界ではだれもが自立していないと生きていけないと彼らは皆理解しているのです。
飯山先生が中華圏で新日本国をと言われたとき、私にできることは何も無いとおもいました。
私は高校生の頃、毛沢東語録を読んで人生の指針を得ました。
戦争とは自己を最大限に保存しながら敵を殲滅することである、とか、人民に奉仕する精神とか。
戦略的には敵をあなどってかからねばならない、とか。

私は長じてからは、天皇陛下が無私の愛をもって国民の幸せを祈っていることを確信しています。
しかし、陛下にもできることとできないことがあると思います。
飯山先生は天皇陛下と同様、日本人に慈愛のこころを示しています。
しかし簡単にはおそばに駆け付けられない理由もあるのです。
ここで宣伝して私のブログを見に来てくれた人は数百人にのぼります。
そのひとたちはおそらく、わたしのように自力では解決できない問題を抱えていると考えられます。
家族にしばられ、家にしばられ、社会にしばられている、いわゆる「あしなえ」なわけですね。
水山けん←変換できないや
当分の間、消費生活をすることしかできないのが、わしら日本人なのです。
生産活動がはじめられるのは特殊な環境にいる人だけなのです。
なにしろ、生産関係は生産手段の上に構築されるものですから。

BISさえなければ税の無い社会は営なめるのに、今はできません。
飯山先生の指し示す方向はBISのなくなった後の世界であることはたしかですが、大衆というのはエナーシャでしか動かないものです。
当分、ベーシックインカムと耐乏生活が最もハッピーな生き方と思うのは私だけではないでしょう。

安倍晋三がプー様となかよくして、それが成るのか?
これはいまも残っている疑問です。

/One

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.