★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 31139231

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
bar1
Ponpoko8b蜜蜂
bar2
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new 本物商品だけ!ぽんぽこ笑店 『放知技』データベース


第15回 飯能新緑ツーデーマーチ

1:亀さん:

2017/04/01 (Sat) 03:23:09

host:*.t-com.ne.jp
2017年5月27日、埼玉県飯能市でツーデーマーチが開催されます。そこで、同行者を募ると同時に、ツーデーマーチについての情報交換等の場として、本スレッドを立ち上げました。

集合時間・場所、その他については、ブログに書きましたので一読ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

また、飯能市役所の案内も参照にしてください。
http://www.walking.or.jp/tournament/0fab8a44d339ae40fe069079848330f2359824e2.pdf

参加を希望される方は、本スレッドに一言お願いいたします。では、皆様とお会いするのを楽しみにしております!


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
251:亀さん:

2017/12/21 (Thu) 05:12:55

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1513800775.jpg
>>249 >>250

オガワさん、貴重な投稿有難うございました。オガワさんが今回書いておられた内容こそ、来年の忘年会に向け、多角的にブログに書き連ねていこうと思っているテーマです。

現在、来年の1月10日締め切りの本業に追われていますので、以下に思うところをサーッと、箇条書きでアットランダムに並べておきたいと思います。仕事が一段落したら、小テーマごとにブログ記事としてアップするつもりでいます。

■女性宮家
歴史を掘り下げれば掘り下げるほど、栗原茂さんや中川八洋氏同様、小生も女性宮家創設などはあってはならぬことと考えています。

今上陛下が女性宮家の創設容認を仄めかされているという点ですが、もし、これが陛下の建前ではなく本音であり、紆余曲折を経て将来的に実現という運びとなれば、まさにこれは綿々たる皇統の終焉を意味します。

■天皇と祈り
__________
シャーマンの長の役割を果たすのは、(畏れ多くも)天皇陛下
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
全く以て同感。そして今上陛下も日本と国民のため、神格シャーマンとしての努めを欠かしてはおられません。その点は安心できます。以下も正にその通りです。

__________
その祈る霊力を持つが故に、国民は畏敬の念を持ち、権威として受けいれることができる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ただ、これは皇室に詳しいさる関係者から聞いたことなのですが、今度天皇になられる皇太子殿下は、「祈る」という神格天皇としての務めを行わないのではないか、という心配を口にしていました。もし、それが本当だとすれば、小生も一抹の不安を感じざるを得ません。なぜなら、天皇の最大の務めこそ、祈禱に他ならないからです。

■キリスト教
皇室とキリスト教に関しては様々な書籍があると思いますが、園田義明氏が著した『隠された皇室人脈』あたりが参考になりそうです。

■元号
再来年の5月に元号が変わります。ここで、元号とは何かということに、改めて思い致す必要があるだけではなく、神計らいか偶然かは分かりませんが、今や時代の大転換期を迎えており、単に元号が変わるということだけではなしに、我々の心の持ちようも大きく変わるのではという予感がします。だからこその来年暮れの高麗神社訪問なのです。

■南方熊楠
過日の拙稿「南方マンダラ」で昭和天皇の御製を紹介しましたが、南方熊楠という個人名が昭和天皇の御製に登場することは、極めて異例かつ希なことであり、多分、唯一の例外なのではとすら思います。何故に昭和天皇は熊楠にお会いされたのか、こあたりも別の角度から天皇について考える、一つの足掛かりになるのではと思っています。

加えて、夢、粘菌、宇宙、その他の熊楠の世界も、これからブログ記事にしようとしている、天皇というテーマと一部あるいは大部で重なっていくはずです。


以上、まとまりがありませんが、思いつくままに箇条書きに書き連ねてみました。三が日を少し過ぎたあたりから、こうしたテーマについて、様々な角度から拙ブログで取り上げていきます。よろしくお願いいたします。



正月も休めそうにない亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.