★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25116219

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


吠えるEGと 燃える同志たちの議場 -25-

1:飯山一郎 :

2017/04/18 (Tue) 10:13:00

host:*.ocn.ne.jp
前スレでは「安倍晋三の革命」=❶総理官邸からゴロツキ戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧を協定.この二つを絶賛し…,戦争屋がトランプ政権を簒奪したクーデタの分析を深め,さらに「森友」で集団発狂した講演会芸人を痛罵する流れ.本スレは,世界の真相の深層を診る視点で,『ホに負けぬ元気』を継続していきたい!なお,ココの略称は『EGボード』.(飯山一郎)
187:tkkw :

2017/04/24 (Mon) 15:38:20

host:*.infoweb.ne.jp

 <<165 亀さん

 TPPについての私の考えを再度述べます。

「ロシアや中国といった近隣諸国と”対等な付き合い”をすること」と、「ネオコンの背後にいる

グローバル企業に”奉仕”すること」は、両立しないわけではありません。ロシアや中国はTPPに

参加しません。したがって、我が国がロシアや中国と対等な関係を模索しながら、それとは別に、

TPPに加盟してネオコン的政策を実行することは十分あり得ます。

 私は、安倍政権がネオコンサーヴァティズムから十分に脱却していないと考えています。金玉

満堂氏の最近のブログに「TPPってネオコンそのものなんだが、官邸からネオコンを追い出して

も、頭がネオコンに支配されているから、電話でOK」という主張があり、また、孫崎享氏による

「麻生氏何故、トランプ政権反対とされるTPPを推進か。米ホワイト・ハウス内権力闘争で、

『グローバル派』が勝利しつつある。11か国合意すれば後から米国はそれに乗っかればいい。

麻生氏の動きは『グローバル派』の指示と推定。だから上機嫌」というtwitter(2017.4.20)

があります。 <<133 には、飯山氏が「安倍総理が現在推進しているTPPも、以前の米国型

TPPとは全く違います。」と書いていますが、どう違うのか説明がありません。

 私の「安倍政権や多くのマスコミはTPPの問題を自由貿易か保護貿易かという問題に矮小化

しようとしている」という指摘に対して、「tkkwさんは『安倍政権や多くのマスコミ』と安倍

政権とマスコミを一緒くたにしているようですが」と述べています。これには、翻訳者らしか

らぬ不正確さが表れています。

 私は、一般論として安倍政権とマスコミを「一緒くた」にしてはいません。TPPに関する

紹介の仕方、論じ方について、同じ方向だと述べているのです。TPPが巨大国際資本の利益に

奉仕するということは、安倍政権としては言えないはずです。だからこそ自由貿易か保護貿易

かという論じ方をするのです。また、ほとんどの大手マスコミは安倍氏に抵抗できず、TPPに

ついて同じ方向で論じるのです。TPPが巨大国際資本に奉仕するシステムであることは、少数の

研究者やいくつかの独立メディアでしか論じられません。

 さらに、TPPという個別の問題を論じているときに、一般論として、「政治家は『嘘が許さ

れる』と言っても何の役にも立ちません。政治家が嘘をついているのならば、なぜそのような

嘘がつかれなければならないのか、その嘘に隠されている真実は何か、というところまで迫る

必要があると思います。

 亀さんの言うとおり、トランプは対外政策に関して、ネオコン勢力に籠絡されつつあると

私も思います。しかし、国内政策(オバマケアの改革、国内の工場の維持・外国からの誘致、

不法移民を帰国させること、過激派の流入を食い止めるため国境管理を厳しくすること、

メキシコ国境に壁を作ること、国内インフラの再構築など)については、何とか頑張って足を

踏ん張っているように見えます。

 TPPに関して、それが現状の内容と同一である限り、賛成はできません。TPPがグローバル

企業に奉仕するものだという『月刊日本』の主張を私は正しいと思います。

 以上です。  





このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.