★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25108906

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


吠えるEGと 燃える同志たちの議場 -25-

1:飯山一郎 :

2017/04/18 (Tue) 10:13:00

host:*.ocn.ne.jp
前スレでは「安倍晋三の革命」=❶総理官邸からゴロツキ戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧を協定.この二つを絶賛し…,戦争屋がトランプ政権を簒奪したクーデタの分析を深め,さらに「森友」で集団発狂した講演会芸人を痛罵する流れ.本スレは,世界の真相の深層を診る視点で,『ホに負けぬ元気』を継続していきたい!なお,ココの略称は『EGボード』.(飯山一郎)
76:かじか :

2017/04/20 (Thu) 17:08:34

host:*.m-zone.jp
飯山先生、
安倍首相が考えている落とし處というのはどの辺りなんでしょう?

ヤルタポツダム体制から離脱
ユーラシアハートランド加入

のような感じでしょうか?

神秘主義政治論の原田先生の今日の言葉ですが

株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)
3時間前 ·
≪今日の言葉≫(原田武夫より)
 
⇒“今日の焦点”はズバリ:
 
 「我が国政府が主導でTPPを11か国で推進する方向」です。
 
⇒その理由は……:
 
 ─全てのことどもの間に流れているもの。
  それは「気」です。
 
 ―科学者たちは様々な言い方をしています。
  最近では東大の研究者らが「気」は静電気だと発表しました。
 
 ―名称はともかく、存在はするのです。
  そして「気」は絶えず移り変わっているのです。
 
 ―その移り変わりと合一化しないと大変なことが起きます。
  なぜならば色即是空、「気」は全てでもあるからです。
 
 ―それなのにあくまでも「これまでどおり」を続ける向きがいます。
  そうした手合いは最後は淘汰されてしまうのです。
 
 ―「実に恐ろしきは“気”かな」
  ・・・まずは肝に銘じるべきです。
 
我が国政府の環太平洋経済連携協定(TPP)に向けた方針が明らかになりまし
た。「引き続きアメリカ抜きでも推し進めるべし」というのだと言います。
 
正に慣性の法則です。
その一方で「日米二国間協定」は拒否しています。
 
こうした態度が最後の最後、何をもたらすのかは歴史が物語っています。
最後は怒り狂ったアメリカが「全て」を打ち壊すのです。
 
そう「全て」をです。
そしてそうなった瞬間に我が国は完全に吹き飛んでしまいます。
 
それなのになぜ猪突猛進なのか。
なぜ止める者が一切いないのか。
 
我が国の近未来が見え始めています。
「破壊と創造」。←ここ気になるところです。
 
果たしてその時・・・あなたは生き残っているのでしょうか?

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.