★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 45857315

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -27-

1:飯山一郎 :

2017/06/30 (Fri) 09:04:35

host:*.dion.ne.jp
前スレでは,「昨年までの執拗な濃霧と湿度100%の地域が消えた!」という気象現象からフクイチ1号機の低温化が明らかになった.これは(誰も言及しないが)大朗報である.一方,国内政治は「官僚・ネオコン対安倍政権」の激烈な政治闘争が続き,国際政治も米vs露が武力衝突寸前の緊張状態. 本スレでは,「政治」を個人的な正義感や善悪感情,好悪感,ベキ論で語るのではなく,「政治過程の帰趨」を洞察しつつ「政治の現況」を見透かす議論を期待したい.
346:mespesado :

2017/07/29 (Sat) 00:58:13

host:*.itscom.jp

 最近の亀さんのblog(人生は冥土までの暇潰し)が非常に興味深

いので、これらをネタに思うところを書きたいと思います。

 まず最初は“青木理の『安倍三代』”について

 亀さんにより、青木さんの記事:

「祖父は反戦政治家」安倍首相が決して語らない、もう一つの系譜
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50968

の中の一節が紹介されています:

> 決して悪人でもなければ、稀代の策略家でもなければ、根っから
> の右派思想の持ち主でもない。

 この部分、安倍さんの評価としては全く正しいと思います、という

か、青木さんはこの点に関してはよく観察できていると思いました。

通常のリベラルなネット知識人なら、当然のように安倍さんのことを

「極右団体」である日本会議のお仲間で「右派思想の持ち主」だと信

じて疑っていないように見えますし、また、田中宇さんのように、安

倍さんのことを、相手の裏の裏をかいたことを実行する策士のように

考える人もいるからです。ところが、次の部分:

> むしろ極めて凡庸で、なんの変哲もなく、可もなく不可もなく、あ
> えて評するなら、ごくごく育ちのいいおぼっちゃまにすぎなかった。

> 言葉を変えるなら、内側から溢れ出るような志を抱いて政治を目指
> した男ではまったくない。名門の政治一家にたまたま生を受け、そ
> の“運命”やら“宿命”やらといった外的要因によって政界に迷い
> 込み、与えられた役割をなんとか無難に、できるならば見事に演じ
> 切りたいと思っている世襲政治家。

という評価には思わずズッコケます。安倍さんほど自分が正しいと思っ

たことは何が何でも鉄の意志を持って突き通す、という政治家は他に見

当たらないのに、それが青木さんには全然見えていないからです。

 一方、亀さんの記事の後半で、安西正鷹さんの記事の写真が転載され

ていて、そこに

> 安倍政権が国民の反発を買ってでも強権発動を繰り返すのは、表向き
> の強引さとは違って、その逆にある本当の目的を達するためではない
> か。
>  つまり、米国の指示通りに「こんなに一生懸命やっていますよ」と
> いうのは表向きのポーズであって、実はそれに反対しており、やり過
> ぎることでわざと失敗させようとする面従腹背が本音ではないか。

とありますが、この“やり過ぎることでわざと失敗させようとする”と

いうところはさすがに勘ぐり過ぎではないかと思うのです。まるで田中

宇さんの説みたいです。もしこれが安倍さんの真意なら、安倍さんはま

さに策士中の策士ということになりますが、もしそうなら何で都議会議

員選であんなに大敗したのか、また今頃になって(一部のネット情報に

詳しい人にとっては何も問題が無いことがわかっているはずの)加計問

題に何であんなにてこずっているのか説明が付きません。

 実際のところは、安倍さんは、変化球を投げない直球専門で、ただし

いつも全力で剛速球を投げる、(高校野球時代までの)星飛雄馬みたい

な人なのではないかと思います。では何でいかにも策士であるかのよう

に見えるのか?

 これを一例を挙げて分析してみることにします。

 私は >>277 で、安倍政権により、政府が多くの会社の筆頭株主になる

という「国家資本主義」が確立したが、これは予め意図したものではな

く、単に株価を支えるために実施したPKOがたまたまそのような結果

を生んだだけである、という“偶然の結果”説を解説しましたが、これ

をもう少し詳細に調べてみましょう。

 そもそも昔の日本では大企業の株式は、株主配当還元率も低く、利益

は株主よりもむしろ従業員に還元し、更に株式の相互持合制度により、

その資産の流れは日本の企業の間だけで閉じていました。

 ところがこれらの膨大な資産に目をつけた外資ネオコンが、何とかし

てこの富を我が物にできないかと考えて弄した策が、①株の持合を禁止

して市場に開放することと、②株主への還元を米国並みにするために株

主配当率を上げるようにと、これが“グローバル・スタンダード”だ、

というプロパガンダにより日本に対して猛烈な圧力をかけ、そのとおり

にしてしまいました。これで日本の企業の収益は、日本起業の株を市場

で買い漁ることによって外資ネオコンが収奪することに成功し、その結

果、日本企業の株価も自由にコントロールすることができるようになり

ました。というより、株価が自由にコントロールできるからこそ彼等の

好きなように利益を吸い取ることが可能になったわけです。ここまでが

外資ネオコンによる策です。

 ところが“日本の国益が第一”の安倍政権になって、日本政府が国益

のために日本企業の株価をコントロールするため、このコントロールの

部分だけ、そのお株を外資ネオコンから日本政府に奪い返します。そう

すると、予め外資ネオコンが彼等のために仕組んであった策である①と

②が自動的に起動して、「外資資本主義」のかわりに「(日本)国家資

本主義」が自動的に確立するようになったわけです。

 以上の例から分かるとおり、実は安西正鷹さんが「安倍さんの巧妙な

策士ぶり」だと思った部分は、実は「米ネオコンの巧妙な策士ぶり」に

他ならなかったのです。安倍さんは、とにかく一途にPKOで日本企業

の株価を維持すると言う“直球”、それも“剛速球”を実直に投げ続け

ただけなのに、外資が自分達が投げるときのためにその“ボール”に仕

組んであった仕込が発動して勝手に“大リーグボール”になってしまっ

た、というのが真相だと思うのです。

 こう解析してみれば、安倍政権の長所も短所も明確になります。

 安倍さんが清和会の総理として「策を弄することが上手な」米ネオコ

ンの政策を忠実に実行し、そこに“日本の国益が第一”の一途さを加え

ると、見事に国益に適った結果が得られます。

 ところが、今回の加計疑惑のように、「ネオコンが自分達のために仕

組んだ策の主体を安倍政権が奪う」スキームとは全く異なる「ネオコン

が直接安倍政権に対して仕組んだ策」に対しては、現政権は非常に脆弱

である、ということがわかるのです。


このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.