★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28707502

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -27-

1:飯山一郎 :

2017/06/30 (Fri) 09:04:35

host:*.dion.ne.jp
前スレでは,「昨年までの執拗な濃霧と湿度100%の地域が消えた!」という気象現象からフクイチ1号機の低温化が明らかになった.これは(誰も言及しないが)大朗報である.一方,国内政治は「官僚・ネオコン対安倍政権」の激烈な政治闘争が続き,国際政治も米vs露が武力衝突寸前の緊張状態. 本スレでは,「政治」を個人的な正義感や善悪感情,好悪感,ベキ論で語るのではなく,「政治過程の帰趨」を洞察しつつ「政治の現況」を見透かす議論を期待したい.
769:mespesado :

2017/08/25 (Fri) 23:11:22

host:*.itscom.jp
>>757 >>762

 私はかつて、「社会主義」と「共産主義」を次のように再定義しました:


 社会主義 …… 「資本」ではなく「労働者」を最優遇する制度

 共産主義 …… 個人が起業することを禁止し、国家が一元管理する制度


 そして、「資本主義」を「社会主義」の対立概念、「自由主義」を「共産

主義」の対立概念として再定義しました。

 そして、「資本主義」と「社会主義」ではカネよりヒトの方を優遇する社

会主義の方が「望ましい」制度であり、「自由主義」と「共産主義」では、

人間の自然な欲を規制するより自由にする自由主義の方が「望ましい」制度

だ、と書きました。

 ところがベルリンの壁崩壊後に世界で起きたことはその逆でした。

 つまり、根っこが「社会主義」であり「共産主義」は「社会主義」を実現

するための手段と割り切ったソ連とその衛星国だった東欧は崩壊し、「資本

主義」でありながら「共産主義」を採用した中国と北朝鮮は生き残った。

 また、日本国内でも、「社会主義」を理念とする「社会党」は消滅してそ

の生き残りであった「社民党」も今や泡沫政党でしかなく、一方で「共産党」

の方は、アンチ自民党の受け皿として存在感を高め、今や「野党第1党」で

あるといわんばかりにしっかり生き残っています。

 なんでなんだろう?と考えてみると、「社会主義」で優遇することにした

「労働者」なるものが、実は結局西尾さんの言われる


> 自分の才覚とリスク負担でお金儲けをして社会貢献をするのが、
> とんでもない悪やってハナから決めつけてる思考の人間


のことに他ならなかったからなんですね。つまり、主として科学技術の進歩

によって世界中の国家が豊かになるに従って、金持ちに対するルサンチマン

をくすぐるために彼らを持ち上げたことの欺瞞の化けの皮が剥がれてしまっ

た、ということなのでしょう。

 これに対し、生粋の「共産主義」国家の方は、国力を強めるための手段と

して産業を強力な指導力を国家が発揮することが、国家によっては奏功する

ことがあるから今日でも生き残っているのでしょう。

 人類にとって、科学技術の進歩に続いて必要なことは、ウジウジした妬み

の心であるルサンチマンを捨てることなのかもしれません。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.