★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28780124

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


アルコール依存症状を克服したい!

1:ひろし :

2017/08/27 (Sun) 06:08:21

host:*.dion.ne.jp
飯山一朗先生、皆様はじめまして。アルコール依存症状となり、現在治療に専念しています。アルコール依存症状になれば断酒しか回復の道はありませんが、この病気の患者は断酒できず、結果再飲酒して体を悪くして、自己破産して、家族が去っていき、友が去っていき、社会的信用もなくなり、会社も首になり、入退院を繰り返し、早めに死亡します。アルコールを買うお金がなければ犯罪をおかしても、お金を調達し、アルコールを得ようとします。頭の中で、人間の本能である食欲、睡眠欲、性欲と同じアルコールを求めることが本能となっています。男性女性別なく、お酒を求めることになります。人間性が崩壊して、人格が別人格になります。私も入退院を繰り返しています。今の治療は、理性に働きかけるものですが、アルコールを求める本能になっていますので、意志が強い弱い、自制せよ、との理性の問題ではなく、本能となってますので、理性より勝ってます。結果、この病気の患者は何回も入退院を繰り返します。絶望感、焦燥感、自殺願望、もこの病気につきものです。絶望の中で、ブログ、アルコール日記座禅を読んだとき、座禅が脳の働きを良くし、アルコールで破壊された脳の本能を回復して、アルコール依存症状なのに、飲酒もなさっている内緒でした。これを読み、直感したのが、飯山先生の太陽凝視です。今日から実践します。私の脳が回復しても、アルコール依存症状で社会的信用は失いました。ので再度飲酒しようとは思いませんが、アルコール依存という、本能になった病気に勝ちたいです。飯山先生の太陽凝視に希望が持てました。ありがとうございます。興奮して、眠れませんでした。幸福物質が脳にあふれかえるよう、焦らず無理なくウソをつかず、太陽凝視をして回復を目指します。この病気の患者は、ウソをついてまで、お酒を求めます。
61:ひろし :

2017/09/12 (Tue) 21:45:18

host:*.dion.ne.jp
オマンゴロー様

なるほど、さすがわは人生の大先輩、感服いたしました。

言葉の言い回しですね。相手の気持ちを思いはかってです

ね。勉強になりました。アルコール依存のひろしならぬ

自爆依存のひろしですね。

アルコール依存のひろしより

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.