★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 31518937

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
bar1
Ponpoko8b蜜蜂
bar2
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new 本物商品だけ!ぽんぽこ笑店 『放知技』データベース


堺・仲・安倍・大勝利スレ -30-

1:飯山一郎 :

2017/10/20 (Fri) 18:28:23

host:*.dion.ne.jp
総選挙とは,個人的な好み,ロマン,文句,ノスタルジー等々を表明する祭りではない日本国をどの党の誰に任せるべきかそれを冷静に考えて投票する政(まつりごと)なのだ.国は強国が良い.弱いと国民が不幸になる.22日は自民大勝だどうせなら圧勝させたい日本がより強靭な国になるためになお,本スレは少なくも本年末までは『堺のおっさんと仲間たちが安倍総理の自民党を選挙で大勝利させるための選挙対策特別スレッド』略称:『堺 仲 安倍 大勝利スレ』(さかい なか あべ だいしょうりスレ)という名称で運営します.(飯山一郎)
387:mespesado :

2017/11/08 (Wed) 01:01:48

host:*.itscom.jp
>>376

>> 自国通貨をジャンジャン「刷る」ことができる国は限られています。
>> 日本のように生産力が高い国にしかできません。

> 日本以外に、自国通貨をジャンジャン刷ることができる国家は
> 日本以外ではドイツ、中国くらいでしょうか?
> これらの国ではアベノミクス的な政策が有効でしょうか?


 堺のおっさん様、するどい質問ありがとうございます。

 自由主義国家では確かに自国で(消費者のニーズを満たす品質を兼ね備え

た)需要をまかなえるだけの生産力を持つのは日本とドイツくらいのもので

すね。

 ただ、ドイツは欧州通貨統合により通貨発行権を持たないので「自国通貨

をジャンジャン発行する」ことはできないですが、そもそもドイツは金融緩

和をしなくても、その立ち位置により経済的にはいい思いをしていますよね。

 そもそもベルリンの壁崩壊により、ドイツは旧東ドイツという生活水準が

西より遅れていた「フロンティア」を得ることにより、需要が喚起され、丁

度日本における戦後の復興~高度成長と同じパターンで経済が発展します。

東が西の生活水準に追いつこうという時期に、今度は通貨統合でメリットを

享受します。どういうメリットかと言うと、欧州でドイツより経済的に弱い

国々に輸出する歳に、相手国が独自の通貨を使っていると、輸出が増えれば

輸出する側が通貨高になって貿易黒字が緩和されるのに、通貨統合している

ためにもとの単価のままでオイシイ思いを続けることができるからです。こ

のアドバンテージのために、ドイツは驚異的に景気がよくなり、「税収」も

自然に増え、「財政黒字」にさえなる始末です。今後はドイツがイタリアや

ギリシャに何らかの形で利益を還元すれば、欧州全体として経済発展が続く

でしょう。ちょうど、日本において大都市の地方財政が黒字なのを、中央政

府が一部吸い上げて「地方交付税」の形で地方の自治体に還元することで地

方にも豊かさを齎すのと同じ理屈です。ただ欧州では「国」が違うので、そ

んなことまでしてなぜ弱い国を優遇するのか、という不公平感をどうするか

という問題は残りますが。


 一方の中国ですが、共産主義国であるにもかかわらず資本主義を採用して

いるため、貧富の差が激しく、経済が発展したとはいえ、まだ貧しい人が豊

かになる余地がある分だけフロンティアが残っているので、確かに鉄鋼など

の基礎工業製品は供給過多になっているものの、未だ「高度成長」の最中に

あると言っていいのではないでしょうか(そういう意味ではドイツも貧富の

差は激しく、国内にまだフロンティアが残る点では同じでしょう)。ですか

ら、日本のような意味で「オカネを刷る」必要はないものと思われます。中

国でももっと経済が発達して「貧しい人がいなくなった」ら、アベノミクス

のような施策が有効になるかもしれません。


 ところで「国内生産力が強い」わけでもないのに「オカネを刷る」ことで

景気を良くしている例外的な国が一つだけあります。それは米国です。

 米国は、その通貨ドルが「基軸通貨」になっているため、例えば原油を輸

入したい国は、自国の通貨を一旦ドルに換えて購入しなければならないため、

常にドルに対する需要がコンスタントにあるので、いくらドルを「刷っ」て

もドルが為替で暴落するのが防がれています。更に、米国債を買った外国は、

米の軍事力で脅されて売却できないので、事実上外国にばら撒かれたドルを

米国はタダで回収できてしまう、というアドバンテージも持っています。た

だ、こちらは強力な軍事力を持つ中国が米国債を大量に持っているので米に

よる軍事的な脅しが効かないし、更に、基軸通貨についても人民元がその役

割の一部を奪い始めているので、状況次第では、米はドルの持つアドバンテ

ージを失い、「オカネを刷る」ことによる利益を享受できなくなるかもしれ

ません。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.