★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 31116827

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
bar1
Ponpoko8b蜜蜂
bar2
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new 本物商品だけ!ぽんぽこ笑店 『放知技』データベース


EG・堺のおっさん等 爺さんが元気なスレ -31-

1:飯山一郎 :

2017/12/30 (Sat) 20:28:54

host:*.dion.ne.jp
2017年2月11日(建国記念日).安倍晋三はフロリダで,トランプ大統領と固い盟友関係を結んだ.結果,日本国は従来の支配者=米国ネオコンからの独立を果たした.これを嫌ったネオコンは,朝日新聞や民進党を使って「モリカケ疑惑」をデッチあげ,倒閣を狙った.しかし安倍晋三は耐えに耐え(普通なら失脚),狙いすまして衆院を解散し,総選挙に圧勝!ネオコン勢力を蹴散らした.続く2018年はイカなる年になるのか? タコどもを排除した放知技で,ごゆるりと御議論願いたい.
なお,本スレのスレ主は,堺のおっさん.EGはメンテ部長です
534:mespesado :

2018/02/27 (Tue) 20:22:39

host:*.itscom.jp

ブログ「へっぴりごし」の最新記事で、大前研一氏による


“地雷心理”働いた? 日銀総裁続投、とぼけた政策続けられるのは
「黒田さんしかいない」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180225/soc1802250002-n1.html


について疑問を呈しておられたので、私も読んでみました。

 なるほど、これはヒドい!


>  非常に危ない緩和政策を続けているのに、その効果は依然として出て
> きていない。


 まあ、大前さんから見ると、その「効果」って実際にインフレ率が2%に

達することを意味してると思いますから、大前さんにとっては確かに「効果

は無かった」ということになるんでしょう。


>  非常に危ない緩和政策を続けているのに、その効果は依然として出てき
> ていない。にもかかわらず続投するという。本来なら、あり得ない話だ。


 ここで「非常に危ない」ってのは「財政赤字が積もり重なる」って意味なん

でしょうね。まあ、たいていの人は騙されてますわね。で、続投があり得ない

ってのも大前さんの言う「効果が無かった」ならクビになるはずだ、って意味

でしょうね。


>  給料が上がらない時代に、物価上昇率2%を目指すという矛盾した政策
> を何年も続け


 そうなんですよ。常識的に考えれば誰でも「おかしい」と思うはずなんです。

でも官邸は緩和政策を続ける、と言っている。だから、そろそろ「インフレタ

ーゲット2%を目指す」というのが単に表向きのタテマエに過ぎず、隠れた目

的があるのではないか、と普通の頭をした人なら勘ぐるはずなんですけどね。

 官邸の真の目的が「内部留保をどんどん積み上げて賃上げや消費に回させる

ためにインフレターゲット未達を口実にしてオカネをじゃんじゃんばら撒く」

というものであることはほぼ確実になってきたと思うんですが、この機序を主

張する人をあまり見かけないのは、経済学のクロウトもシロウトも「経済学者

の定説」に縛られてるからなんですかね。


>  そもそも、2%ターゲットは日本では難しいのではないか。日本には多
> 額の金融資産が眠っているが、それが社会を潤しているという実感はない。
> これが私が何度も指摘している「低欲望社会」の実態だ。
>  日本は極端な低欲望社会だが、先進国もおしなべて低欲望社会を迎えつ
> つある。米国もターゲットレート2%と言いながら、なかなか達成できな
> い。物価の伸び悩みは先進国に共通の現象で、金融政策頼みの物価上昇は
> 容易ではない。


 世の中が豊かになってきたんだから、高度成長期より欲望がかなり満たされ、

そんな時代と比較したら「低欲望」なのはアタリマエでしょ!


>  私が学長を務める「ビジネス・ブレークスルー大学」の大学院生から次
> のような指摘があった。

>  「高齢化した官僚ら為政者は、日本国債の暴落、財政破綻が自分たちの
> 在任期間には起こらないとタカをくくっていて、危機回避への緊張感がな
> い。金融政策決定会合も、現状の追認と継続で固定化されている。ならば、
> 40年後も生きていると思われる45歳以下の世代から日銀総裁、副総裁
> を選出すべきだと思う」


 まあ!大学院生にもなって、日本が「財政破綻」するなんて言って、頭悪す

ぎますね。三橋さんのブログでも読んでお勉強し直さないとイケマセン。


>  つまり、矛盾に満ちた戦略をしているところに、まじめな人が金融緩和
> の縮小などの政策方針の転換をはかると、金融市場の動揺を招き、長期金
> 利の高騰やガラ(大暴落)を引き起こす恐れがある。国債は暴落し、日本
> はハイパーインフレに足を踏み入れることになる。


 緊縮財政を「まじめな」政策だと主張する。わざとですかね?それとも財務

省と結託してる?

 それにですよ。緊縮財政を取ったらデフレはますますひどくなり、長期金利

は更に下がるはずで、国債は急騰し、ハイパーデフレ(そんな言葉あるんかい

な??)になるはずで、経済理論的にも正反対のことを言っているのは何なん

ですかね?

 というわけで、この人も経済評論家としては全く信用出来ない人の一人であ

ることが確定しましたね。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.