★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 34632220

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
593:亀さん:

2018/12/28 (Fri) 04:22:19

host:*.t-com.ne.jp
>>582

> 情報不足なのですが、

堺のおっさん、それは愚性も同じです。早い話が、雲上人の世界で起きていることは、正直言って小生もあまり良く分かりません。ただ、ジャーナリストを含む皇室に詳しい人たちとの交流、あるいは皇統奉公衆と接触のある人物との交流も多少はあることから、小生の場合は一般よりも少しだけ知っているというだけのことにすぎません。無論、そうした皇室情報を提供してくれる人たちも玉石混交でして、どの人物が玉あるいは石なのかの判断は、最終的に自分自身で下すという作業が伴いますが…。

そして、玉の部類に属する一人が飯山さんでした。その飯山さん、小生同様に皇統奉公衆の存在を確信していましたし、同時に、やはり雲上人の世界は良く分からないとも仰せでしたが、そうした誠実な回答であったからこそ、人として信頼するに値すると小生は判断したのだし、今でも〝交流〟を続けているわけです。

ともあれ、雲上人の世界をより正確に見通すためには、皇室に関する独自の情報ルートを、自身で開拓していく努力を怠ることなく続け、その上で栗本慎一郎の謂う全世界史を学び(これが飯山史観を編集する決意をした理由の一つで、編集を通じて今まで己にとって朧気だった歴史を、抉り出せるという作業にもなっています)、また皇統について出来る限り自身で掘り下げて追究していく姿勢が必要です。

今日現在の小生ですが、富士山の登山に喩えれば、ようやく三~四合目あたりに到達したかなといったのが、正直な実感です。そして、今現在分かっていることは、如何にあの世に旅立つ日まで努力しても、絶対に頂上に到達することはないと、雲に隠れた頂上を見上げつつ思う今日この頃です。それでも、頂上を目指して今日も歩き続けている自分がいる次第です。


> それゆえ、國體としての皇室の役割を国民は
>
> 歴史観と共に捉えなおす時期が来たのではないでしょうか。

御意。

表層的には、GHQに押し付けられた〝象徴〟としての天皇像、小泉信三を始点に今上陛下は象徴とは何か、象徴天皇としてどうあるべきかを模索され続けて今日に至り、それが震災地での両陛下の言動に顕れていると、世間では捉えているようです。また、在位三十年を通じて今上陛下は漸くにして、戦後の日本が背負ってきた戦争という〝重石〟を取り除かれたことから、新天皇になられる皇太子殿下は戦争という重石を背負うことなく、新天皇としての任務を全うできる、といった論調の記事を時々ですが、目にすることがあります。

しかし、皇統という世界の深層に一歩足を踏み入れると、表層的な観察では想像もできぬ世界が広がっていること、つまり、皇統の世界とはそんな底の浅いものではないということが、いやでも肌で感じ取れるようになります。そうした我々の想像の及ばぬ皇統という世界が、過去にあり、今もあり、今後もあることでせう。だから…

> シャーマンとしての天皇にしかなしえない祈りを通した権威。
>
> それは日本国民として、あまりにも贅沢な希望なのだろうか。

贅沢な希望どころか、安心して「シャーマンとしての天皇にしかなしえない祈りを通した権威」が、今後も永劫に続くと思って良いと思います。そのあたり、過日の久しぶりに顔を出したまほろば会での、Jinmoさんや天童さんの発言の端端から読み取れました。斯様に読み取れたのも、やはりシャーマンについて日頃から追及してきた成果が少しは出たのかなと思っています。

ともあれ、シャーマンの世界を知るには、安西正鷹さんの謂う、〝来るべき新しい文明の精神哲学〟とも謂うべき、量子力学を齧るのも一つの道であり、それ以外にも多々手はあります。小生の場合、日頃のシャーマニズムの追求と並行して、過日Jinmoさんが小生に語ってくれた、天乃浮石に向けた斎行に一度参加してみたいと思っています。次回は来年の五月一日に兵庫県で行われるので、足を運んでみようかと思案中です。

__________
斎行日程は二〇一九年五月一日と決定した。平成から新たなる時代へと移る御代がわりの、その日である。第二の岩戸開きとしての意義に於いて、この日程以上に必然を感じさせるものは有り得ない。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1629.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.