★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 41755664

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


【木下タンポン教パシリと遊ぶ…】 (旧名:思うのですが…)

1:なすび :

2012/07/07 (Sat) 07:53:44

host:*.zaq.ne.jp
「思うのですが…」
木下黄太さんに喧嘩ふっかけたのは飯山さんの方ですよね、ふっかけたというか、自身のブログで突然木下さんを批判し始めただけですよね?木下さんもメールアドレスは公表されているので、言いたいことがあるのならまずそちらに直接送信するのが筋じゃないですかね?木下さんは自分を非難する人で僕と直接話そうとする人は今だ皆無と常々仰っています。そこんとこどうなんでしょう、飯山さん?
-----------------------------------------------------------------
【飯山一郎の(異例なる)コメント】
 木下黄太氏が「放射能の恐怖を煽る講演会ビジネス」を“組織的”に展開しつつ、
“放射能障害データ”を積極的に収集している…。このウラには暗い闇が広がって
いる! と、そのドス黒い闇に光をあてはじめた。そしたら…、
 「バックが(めっちゃ)ヤバイから、やめたほーがEー!」 という助言があった。
 たしかにバックには凶暴CIAの下部機関・読売の影が見える。
 ところが、ココにやって来たのは、いたって脳天気なクレーマーおばちゃん達。
 おばちゃん達に言うが、ヒト様の掲示板に乱入してアラシをやるからには…、
「もっと緻密な理屈を語るなどして頑張って下さい。このままでは逆効果です!」
 というわけで、ココは…、
そのアラシ屋のおばちゃん達を手玉にとってカラかうスレッドです。(爆)
よって、このスレも改名します。【木下タンポン教パシリと遊ぶ…】と。
-----------------------------------------------------------------
79:サムライ:

2012/07/10 (Tue) 04:31:44

host:*.t-com.ne.jp
飯山さん、皆さん、このスレッド、インターナショナルになったと言うか、魑魅魍魎(ちみもうりょう)のジャングルになった感がしますね。まさにスギちゃんじゃありませんが、ワイドだぜ~~…、じゃなかったワールドだぜ~~、と叫びたくなります。ともあれ、このスレッドが立ち上がったお陰で、木下黄太センセーの正体が白日の下にさらされたちゅうワケで言うことなし! 目出度し愛でたし…。なすびさんには感謝感謝の雨あられ♪ 

しかし、飯山さん、小生のこと一点だけ勘違いしてますぜ。「知識の深さと勉強量」は小生なんかより飯山さんの方が断然上です。それに「語学力が抜群」て言われると、穴があったら入りたくなります…。それは、翻訳者は単なる書かされ屋だからです。

ちょうど二年前の夏、栗原茂氏や天童竺丸氏らと一緒に、和歌山の落合莞爾氏の狸庵に数日間草鞋を脱ぎましたが、その時に小生の仕事が話題になりました。落合さんが「おまえ、翻訳で原稿用紙一枚あたり幾ら稼いでいるんだ」と聞いてきたものですから、正直に「一枚あたり××××円です」と答えると、「えっ、そんなに稼いでいるのか!」と驚いていました。落合さんが寄稿している『月刊日本』は原稿料ゼロですし、『ニューリーダー』にしても小生程度の翻訳料金に驚いているようでは恐らく雀の涙…。落合さんが驚くのも無理もありません。すると、我々の話を聞いていた栗原さんがニヤリと笑い、「しかし、サムライの場合は他人の書いたものを横から縦にする“書かされ屋”にすぎない。その点、落合のは自分の思想・信念・意見を自由自在に書くという“書き屋”だ」と申していました。まぁ、分かりやすく言えば、皇室と繋がる伊藤若冲が好例で、四十代頃あたりまでは一応家業(青物問屋)に就いていたが、商売には熱心ではなく、その後は家業を放棄して好きな絵を書いて余生を過ごした人物だ。だから、若冲こそまさに書き屋ならぬ描き屋だね。一方、マンガやイランストレーターなどは、ほとんどが生活の糧を得るために自分の技術を売る描かされ屋と言っても差し支えない。

この伝でいけば、工作員も立派な“書かされ屋”というわけで、ご同情申し上げる次第…。ただね、工作員さんと我々(翻訳者、漫画家、イラストレーター、その他)の違いは、我々の場合は「芸は売っても身は売らぬ」主義なんだが、工作員さんたちは「(書くという)芸は無論のこと、身も売るし、さらには心も売る」主義だっちゅうこと。

無論、テレビや新聞に登場する評論家センセーたちも“書かされ屋”ならぬ“話され屋”だけんどね。“話し屋”に豹変すると途端に出演依頼が来なくなり、お飯(おまんま)の食い上げになる…。だから、工作員の皆さんと評論家のセンセーたちは、お互いに生活の糧を得るため、明日に向かって頑張るべぇー…、と、今日も自分の話術という芸だけではなく、心も身も売るのでありんす。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.