★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25123530

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


ログにする

1:にんにく :

2013/03/18 (Mon) 20:54:50

host:*.i-revonet.jp
ログ置場です。
382:にんにく :

2014/09/06 (Sat) 07:42:36

host:*.i-revonet.jp
蚊の媒介する伝染病マラリアは米軍の細菌兵器として密かに利用されてきた

 筆者は、米国のハイテク・シンクタンク・SRIインターナショナル東京オフィスに16年半、勤務した経験をもっていますが、SRIは1960年代に米陸軍の依頼でマラリア治療薬を開発していました。なぜ、軍事研究シンクタンクのSRIがマラリア治療薬を研究開発しているのか疑問でしたが、米軍は朝鮮戦争時、マラリアを細菌兵器に使用していたとSRIの米国人同僚から聞いた記憶があります(注2)。ちなみに、ネットには朝鮮戦争で米軍が細菌兵器を使用したことを指摘する調査報告書が存在します(注3)
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11920644911.html


ウクライナではなく、プーチンが、アメリカをいらだたせている http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-b28e.html


世界への警告: アメリカと、そのNATOとEUの家臣連中は正気ではない http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/natoeu-3413.html

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.