★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 24531146

top

ここは、射能地獄を生き抜き生き残るための恵と術を伝え合う掲示板です。国家や政府やマスコミが「殺人機関」と化した今、放射能から生命(イノチ)を守るサバイバル技術の習得だけが、生き残り(survival)を保証する最後の砦(とりで)です。放射能地獄では議論は不要!互いに助けあう者たちが集い、互いに助けあう!いまや、日本人が生き残る道は、自助努力と相互扶助。この二つしかないのだから。(管理人:飯山一郎 TEL:090-3244-5829)
☆耐えた甲斐があった! あの亡国の原発大爆発から6年の歳月が(徒に)流れた.この間,核燃料の超微粒子を吸い続けたがために1億総内部被曝!結果は激甚なる多病多死社会の到来.しかし今,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

飯山一郎のHP(ミラー1) 飯山一郎のHP(ミラー2) なんちゃらかんちゃら 野崎博士の『文殊菩薩』 里子のブログ


しとりごと(独言) 第2部

1:飯山一郎 :

2013/07/08 (Mon) 16:13:54

host:*.ocn.ne.jp
 
さすらいの旅人氏が「もう一つの独り言スレの邪魔をしないようにと」つくったスレ…、
『しとりごと(独言)』スレ。その第二部です。(スパムはジャンジャン消します!)
402: zhu :

2016/10/12 (Wed) 07:19:06

host:*.access-internet.ne.jp
中国語でアイドルは、「偶像ou3 xiang4」

という(らしい)。


「偶像」...

この字は核心をついていて、目に飛び込んで

来た時は、ドキッとし、そして成る程と

思った。

日本語では「アイドル」、なんとなく

情緒的で、ピンとこない。

他国の言葉をカタカナにして日々、

使っている。


中国語でアイドルは「偶像」と表記。


と、いうことは、

×××という「アイドル」のコンサートチケットを

買うために、万引きしたよとか、

紙やネットに書くたびに

「偶像」という字を目にしなければならない。

(のではないだろーか)


×××という「アイドル」にのめり込んで

奥さんに愛想をつかされて離婚したんだそうだ

と書かれた中文を読むたびに

「偶像」という文字を読み手は目にする。
(のではないだろーか)


エエ、「偶像」の為に万引きしたのか、

ほお、「偶像」が原因で、

離婚に至ってしまったのかと

思考が、始まる。

(実際には、中国語圏の人達の頭の中では

偶像という字が、どのような反応を

もたらすのかは分からない、

妄信の対象という意味はないのかもしれない)


一時期、雑誌にも本にもカタカナが

氾濫して、そのうちに、もういちいち

辞書で確認するのも面倒臭くなって、

分かったふりをして

「雰囲気で」

「その場の空気に合わせて」

「周りの反応を確認しながら」、

そろりそろりとやり過ごすようになってしまった

ことに、今更ながら気がつく。


気がついたら、子供の世代が、

日本語を正しく理解して

使っているのではないのではないかと

疑う場面に出くわすことが多くなり、

これはよからぬことと

事細かく導いてやれなかった

親世代の責任を感じていた。
(自分自身が、流されていたのだから)



最近はマスコミやお役所では

○春を「援助交際」と言い換えたり、

暴行を「不適切な対応」とすり替えたり。

(最近ではなく、古来、言葉のすり替えは
あったらしい。しかも国家の根幹に関わる
部分で)


言葉が思考の道具の一つなら、

すり替え言葉や曖昧なカタカナ語が

氾濫して、相互に思い込みだけで

表層的に交流している

節のある日本では、

まともにものを考えるのは難しい。
(だからよからぬことだぞと、ボンヤリとではあるが

感じたのね)


自分が何をしているのか、観察して

知ることは、何を大切にしたらいいか、

迷ったり、悲しみに溺れたり、

不安に押し潰されそうな時に、

とても役に立つということを

ききました。


私も、あー、このままだと悲しみに呑み込まれて

溺死してしまうーと身を危ぶむほど、

日々悶々と苦しんでいた時に、

思い当たる出来事を体験。


身の置き所がないほど、苦しみに

縛り付けられていた日々が

続いたある日、

「朝起きて、歯を磨こうと鏡を覗いたら、

真っ白な髪を振り乱し、

ギョロリと目を剥いた老婆がいて

それはよくよく見ると

変わり果てた自分の顔だった」

という悪夢を見ました。


うわ〜っと飛び起きて、身震い。


不思議なことに、

夢を見たその日から、

苦しみの原因だったそのことが、

ウソのように一切意識の表層に上ってこなくなった。


とても助かりました。

その夢のことは、今でも記憶に残っています。


夢の中に出てきた鏡もそうですが、

自分の内面の整理や

世の中で起きている事を

噛み砕き、明らかにして

映し出すには、

言葉も大切な道具。


道具は磨かないと錆び付いて

役に立たなくなってしまう。


氾濫している日本語は、

(と、ここまで書いたところで、背後より

文豪、そろそろご飯の支度をしてくださいと

声がかかりましたので、しばし、厨房に

引っ込みますますです、ハイ)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.