★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25449612

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


しとりごと(独言) 第2部

1:飯山一郎 :

2013/07/08 (Mon) 16:13:54

host:*.ocn.ne.jp
 
さすらいの旅人氏が「もう一つの独り言スレの邪魔をしないようにと」つくったスレ…、
『しとりごと(独言)』スレ。その第二部です。(スパムはジャンジャン消します!)
519:zhu :

2017/02/26 (Sun) 14:31:24

host:*.access-internet.ne.jp

鹿児島の専決騒ぎ(小さな地方都市の政治を

大手マスコミが日本全国に報道し煽った)は

自然発生ではなく大きな力が働いたように見える。

今、マスコミの大扇動ときう点で

似たような光景が海の向こうで繰り広げられる。


巨悪を見ないように

小さな道徳を持ち出して大衆の目を眩ませる。


巨悪は風景に溶け込み見ていても感じ取れない。



まるで群衆心理の実験のようです。



マスコミは確かに第4の権力として機能しています。

ネットの


(・・と、ここまで書いたところでストーブの方から

「焼き芋が、炭化してカッチカチ!」との声あり。では・・)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.