★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28700904

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


しとりごと(独言) 第2部

1:飯山一郎 :

2013/07/08 (Mon) 16:13:54

host:*.ocn.ne.jp
 
さすらいの旅人氏が「もう一つの独り言スレの邪魔をしないようにと」つくったスレ…、
『しとりごと(独言)』スレ。その第二部です。(スパムはジャンジャン消します!)
84:ぴん :

2015/12/02 (Wed) 08:34:09

host:*.docomo.ne.jp
曖昧な記憶です。

小学低学年の頃に…宗教?
「高橋信次」とかって人を信仰してる近所の方々は私が喘息の発作がでると手をかざしに来てた記憶が…。
小さい時だったので癒されるより怖かった記憶が有ります。

高橋信次って人は優しい話し方をされる人で怖くは無かったです。

母の知り合いだったので…
その後すぐに母が死去してからは、その方々と付き合いは無くなりました。

手をかざすって有効なのでしょうか?
って古い記憶が出てきました。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.