★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 26288522

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -4-

1:飯山一郎 :

2015/03/22 (Sun) 02:05:54

host:*.ocn.ne.jp
2015年は、「エコノミスト」誌の「予言」、いや、彼らの「予定」どおりになるだろ。
「予定絵図」のキノコ雲は、彼らの「予定」ではロシアだったがプーチンが粉砕した。
彼らは、新しい「予言」として、キノコ雲は、日本に立つ!とつぶやきはじめている。
臨界の規模が益々増大して…、100トンのデブリが大核爆発を起こすだろう!と。
733:飯山一郎 :

2015/06/22 (Mon) 19:39:28

host:*.ocn.ne.jp
>>729 クサさん

状況は刻々と変化します。3月の時点では…、
「デブリが岩盤層に届くと、中性子線を乱反射して臨界が一挙に激化して一気に大核爆発!」
という事態が予想されました。

しかし、今はデブリの様相が丸で違ってきています。

今は、モックス燃料のプルトニウムが、迅速に娘核種に原子転換していて、中性子線は出す
ものの、原子炉内にあった時のような5000℃以上の超高熱を発する激しさはない。

つまり、ウランは劣化ウランに、プルトニウムも劣化プルトになってしまっているのです。

さらに、地下水や海水で冷却されるようになったので、デブリの温度が総体的には下がった。

どのくらい下がったかというと、最高温部分で4000℃以下、表面は1500℃くらい。

このため、チャイナ・シンドロームが止まってしまい、デブリは現在の位置に留まったまま。

というワケ(理由)で、デブリは、今後、ほぼ永遠に今の位置にとどまって…、青空天井型、
かつ開放型のムキ出し原子炉として、放射性水蒸気(ウエット)と、高熱プルーム(ドライ)
を出し続ける!という状態になってます。

それで、策はあるのか? という御質問ですが…、あります!

デブリの収束作業には前提があり…、
1,いまの日本政府が国家主権を放棄すること。
2.最低限、関東・東北・北海道・中部・関西の人間を他地域に移住させ、東日本は無人に
  すること。
3.日本経済の消滅で世界経済が恐慌状態になることを防ぐ手立てが用意されること。
4.フクイチのデブリ収束作業を邪魔する戦争屋勢力を駆除すること。

以上の前提条件が満たされれば…、たとえば、
超々高温を発するフォトンエナジー集積システムを搭載したロボットと、バンカーバスター
を使用して、デブリを1500メートル以下の深部に沈めて埋め殺す!ことが出来ます。

上の案は、すでにプーチンがシナリオを書いています。(飯山一郎)

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.