★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 22892376

top

ここは、射能地獄を生き抜き生き残るための恵と術を伝え合う掲示板です。国家や政府やマスコミが「殺人機関」と化した今、放射能から生命(イノチ)を守るサバイバル技術の習得だけが、生き残り(survival)を保証する最後の砦(とりで)です。放射能地獄では議論は不要!互いに助けあう者たちが集い、互いに助けあう!いまや、日本人が生き残る道は、自助努力と相互扶助。この二つしかないのだから。(管理人:飯山一郎 TEL:090-3244-5829)
地獄の釜が満杯になる日】あの亡国の原発大爆発から6年の歳月が(徒に)流れた.この間,核燃料の超微粒子(ホットパーティクル)を吸引し続けたがために,1億総内部被曝!結果は,激甚なる多病・多死社会が到来し,都会の人影は見る影もない.徹底した報道規制で大量死は不可視.ために1億総危機感ゼロの脳天気.この精神の劣化で,フクシマ以前の日本民族は消滅.日本民族の絶滅は(数百万人を除いて)すでに完了している.

飯山一郎のHP(ミラー1) 飯山一郎のHP(ミラー2) なんちゃらかんちゃら 野崎博士の『文殊菩薩』 里子のブログ


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -12-

1:飯山一郎 :

2015/11/17 (Tue) 15:54:51

host:*.ocn.ne.jp
世界は、いま、既存の構造そのものが変容しはじめ…、国家の崩壊、社会の混迷、経済の混乱、人心の乱変等々、世界の全局面が混沌の様相を呈している。「パリ偽旗テロ」なんぞは、その一現象でしかない。我が日本国は、「崩壊先進国」・「カオス大国」として世界の最先端を先駆している。我々は、カオス化崩壊現象の渦中でも生き残る知恵と技術を磨くほかはないのだ。
25:成田 :

2015/11/17 (Tue) 23:00:50

host:*.spmode.ne.jp
再掲

任侠とプーチン

2013/09/26(木) 

http://grnba.jp/more49.html#st09261

命を捨てて残忍な権力者との死闘をするのが任侠だ。
劉邦は、秦を倒した“西楚の覇王”項羽と闘い、天武は天智天皇側の体制権力と闘って天下を取った。
プーチンは世界最強の米英の謀略機関と闘って、スノーデンを守りきり、シリアを守った。

じつは…、
プーチンが、劉邦や天武天皇より恐ろしく際立っている点がある。
それは、「恐喝(オドシ)」と「刺客(コロシ)」の“技”でR www

「腕を切り落とせ!」のオドシで、ロシアの汚職公務員が震え上がって汚職が激減した話はあまりにも有名だ。

「欧米がシリアを攻撃すれば、サウジを攻撃する。破壊する!」というオドシで、サウジと米国の戦争屋は震え上がってしまったし。

「毒ガス兵器があると言うなら、証拠を出せ!」と、アメリカを真正面からオドシている。

「ロシア艦隊をシリア沖にズラリ浮かべ、これでも、やるのか?!」 このオドシも大変な迫力で、フランスは縮み上がった…。

とにかくプーチンのオドシは筋金入り、「任侠やくざ」そのものだ。
日本人は「やくざ」と「任侠」の区別ができないので困るんだが…ww

いっぽう…、
プーチンは、いま、日本人に向けて壮大な希望のメッセージを発信しはじめている…。そのキーワードは2つ。
「ウラル・アルタイ」と「アナスタシア」。
かるくヒントだけかいておこう。

「ウラル・アルタイ」は、遠い遠い昔の日本語と日本民族の故郷。

「アナスタシア」の物語は、やがて訪れる新しい時代に生きる新しい人間の新しい生き方と新しい考え方を預言!する新しいバイブルだ。

「アナスタシア」。新鮮な響きとともに、懐かしい音韻をも感じさせる言霊(ことだま)の世界…、それは現実に存在している時空間でもあるのだが、その新世界を象徴し暗示している写真がある…。

そのひとつが、『プーチン金太郎伝説』。
熊に乗って疾走するプーチンの姿だ。
この合成写真に、プーチンどんな意味をこめているのか?

この際だ、はっきり言ってしまおう!

 アナスタシア・ムーブメントは…、
 プーチンが手がける壮大な世界精神変革運動だ!

それは、拝金主義と物質主義と似非科学技術主義にまみれた欧米型の都市文明の対極に位置する…。

現在ただいま主流であるところの欧米型の「市民哲学」とは、完璧なまでに真逆の人間哲学なのだ。

鷲は今後、アナスタシア・ムーブメントについて頻繁に語る。

新しい時代の新しい日本人の生き方、壮健な日本人に生まれ変わる知恵と技術と方法について語りまくる!

身震いがする。武者震いだ。

飯山一郎

子どもたちの健康を考えると、早いほうがいい


https://youtu.be/n6CyA1H6CRk

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.