★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 29936988

top
原発4基が大爆発し何百トンもの核燃料が飛散し,あるいはデブリとなり,ホットパーティクルが列島全域に飛翔しまくった.これは国家存亡の危機であったのだが,今の日本国は(多病多死社会であるも奇跡的に)安泰!(日本は神州!…なのか?)のみならず経済はアベノミクス好況,外交は全方位難なし,野党が根拠なしの疑惑で騒ぐも安倍一強の下,国政運営は順調.難を言えば,徴税権と財政改革権(PB)が未だ国政が官僚支配下にあることだ.ここは先入観を排し,現実熟視・実事求是でいこう!(M部長・飯山一郎)
bar1
極上
bar2
2018年は戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘現実熟視,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ へっぴりごし ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -12-

1:飯山一郎 :

2015/11/17 (Tue) 15:54:51

host:*.ocn.ne.jp
世界は、いま、既存の構造そのものが変容しはじめ…、国家の崩壊、社会の混迷、経済の混乱、人心の乱変等々、世界の全局面が混沌の様相を呈している。「パリ偽旗テロ」なんぞは、その一現象でしかない。我が日本国は、「崩壊先進国」・「カオス大国」として世界の最先端を先駆している。我々は、カオス化崩壊現象の渦中でも生き残る知恵と技術を磨くほかはないのだ。
25:成田 :

2015/11/17 (Tue) 23:00:50

host:*.spmode.ne.jp
再掲

任侠とプーチン

2013/09/26(木) 

http://grnba.jp/more49.html#st09261

命を捨てて残忍な権力者との死闘をするのが任侠だ。
劉邦は、秦を倒した“西楚の覇王”項羽と闘い、天武は天智天皇側の体制権力と闘って天下を取った。
プーチンは世界最強の米英の謀略機関と闘って、スノーデンを守りきり、シリアを守った。

じつは…、
プーチンが、劉邦や天武天皇より恐ろしく際立っている点がある。
それは、「恐喝(オドシ)」と「刺客(コロシ)」の“技”でR www

「腕を切り落とせ!」のオドシで、ロシアの汚職公務員が震え上がって汚職が激減した話はあまりにも有名だ。

「欧米がシリアを攻撃すれば、サウジを攻撃する。破壊する!」というオドシで、サウジと米国の戦争屋は震え上がってしまったし。

「毒ガス兵器があると言うなら、証拠を出せ!」と、アメリカを真正面からオドシている。

「ロシア艦隊をシリア沖にズラリ浮かべ、これでも、やるのか?!」 このオドシも大変な迫力で、フランスは縮み上がった…。

とにかくプーチンのオドシは筋金入り、「任侠やくざ」そのものだ。
日本人は「やくざ」と「任侠」の区別ができないので困るんだが…ww

いっぽう…、
プーチンは、いま、日本人に向けて壮大な希望のメッセージを発信しはじめている…。そのキーワードは2つ。
「ウラル・アルタイ」と「アナスタシア」。
かるくヒントだけかいておこう。

「ウラル・アルタイ」は、遠い遠い昔の日本語と日本民族の故郷。

「アナスタシア」の物語は、やがて訪れる新しい時代に生きる新しい人間の新しい生き方と新しい考え方を預言!する新しいバイブルだ。

「アナスタシア」。新鮮な響きとともに、懐かしい音韻をも感じさせる言霊(ことだま)の世界…、それは現実に存在している時空間でもあるのだが、その新世界を象徴し暗示している写真がある…。

そのひとつが、『プーチン金太郎伝説』。
熊に乗って疾走するプーチンの姿だ。
この合成写真に、プーチンどんな意味をこめているのか?

この際だ、はっきり言ってしまおう!

 アナスタシア・ムーブメントは…、
 プーチンが手がける壮大な世界精神変革運動だ!

それは、拝金主義と物質主義と似非科学技術主義にまみれた欧米型の都市文明の対極に位置する…。

現在ただいま主流であるところの欧米型の「市民哲学」とは、完璧なまでに真逆の人間哲学なのだ。

鷲は今後、アナスタシア・ムーブメントについて頻繁に語る。

新しい時代の新しい日本人の生き方、壮健な日本人に生まれ変わる知恵と技術と方法について語りまくる!

身震いがする。武者震いだ。

飯山一郎

子どもたちの健康を考えると、早いほうがいい


https://youtu.be/n6CyA1H6CRk

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.