★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 26909015

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★強靭で安寧な国をつくろう! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だ.しかし何が起ころうとも,国家が強力で,かつ強靭な指導者が国の総力を挙げて対処する!という国のカタチがあれば,国民の暮らしは守られる.ワシらの国=日本を弱くしてはイケない.小イケにハマってはイケない. 飯山 一郎
ままりんさんの願い:『いま,安倍総理を失う訳にはいかない!』 (記事)
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -12-

1:飯山一郎 :

2015/11/17 (Tue) 15:54:51

host:*.ocn.ne.jp
世界は、いま、既存の構造そのものが変容しはじめ…、国家の崩壊、社会の混迷、経済の混乱、人心の乱変等々、世界の全局面が混沌の様相を呈している。「パリ偽旗テロ」なんぞは、その一現象でしかない。我が日本国は、「崩壊先進国」・「カオス大国」として世界の最先端を先駆している。我々は、カオス化崩壊現象の渦中でも生き残る知恵と技術を磨くほかはないのだ。
577:コムロ :

2015/12/05 (Sat) 09:28:33

host:*.openmobile.ne.jp
放知技が緩やかに感じられるようになったのは、なりすましの工作員が減ったからでしょう。ただ実際に閲覧・投稿数が減ったから、もあるかもしれません。

当初の目的をひとまず達成し、自民・電通・博報堂若しくはそのもっと上のネオコン・戦争屋・CIA等の大元の方針が変わったのか?新たにワンクッションおいて悪巧みを練り直しているのか?つぎ込む金がなくなって自分達にも死人が続出してそれどころじゃないのか?

いよいよ地獄絵の本番です。はじめから当たり前のように予測されたことがその通りに起こるのです。

いつの時代も自然淘汰は必ずなされて(人間にとって)大量の膿が、ヘドロが、出される事は必然です。人間にとってはそうであっても、大自然からすれば、淡々としたひとつの流れに過ぎません。

しかし、
子供たちと若者には一人でも多く生き延びてもらいたい。このことも、本来の自然の基本法則にのっとった感情を超越した「自然の大道」です。

大人たちは~多くの日本人の大人たちは、やはり自然からの当然の報いを受けるのでしょう。

例え人間と生物の生存環境がすべて「その時」一回なくなったとしても、ゼロになってまたそのあとが、きっとあるのでしょう。淡々と永遠に。

それでも一個の肉体感情を持った日本人として今、まだ何とかなると思いたい。だからこそ、こうして飯山先生のブログに集まって来たのです。

かくなる上は、やっぱり淡々と、今からでも遅くないと信じて、出来ることをやればいい。飯山先生のおっしゃる通り、今さらじたばたしてもしょうがない。でも、たぶん実際、ほんのすこしは遅くない。気休めじゃなくて、実際この肉体にとっては、間もなく訪れる死ぬその瞬間までに限ってのことなのだから。


自民・公明・民社・維新その他子羊ロボットのアホ官僚どもがおりなすアメリカ下僕のクズ政治ごっこのしがらみをすべてごみ箱に捨て去りましょう。こんな大嘘つきの阿呆どものことなど、どーでもいい。


子供たちと若者たち~特に妊娠可能な女の子~を出来るだけ遠くに逃がそう。

飯山先生に教わったことをひたすら「実行」しよう。あらびき茶・豆乳ヨーグルト・あつ風呂・空気清浄機・少食・N95マスク・太陽凝視・飲尿・西欧医療医薬完全否定その他諸々。

子供をお手本に、まっさらになり自分のこころとからだで感じたら、自分の頭で素朴に考えて自分自身で判断して自分自身で行動しよう。

空気を読むのに長けた、か弱くもだらしない風見鶏に惑わされぬこと、ならぬこと。

覚悟をしよう。男は死ぬまで戦う。
プーチンもアサドも習近平もオバマも飯山一郎も戦っている。
飯山先生と知り会えて、よかった。


最後に念のため~テレビを捨て大新聞の購読をやめること。まさかまだ見てないでしょうね?


安倍晋三とその取り巻きは、国際法廷に引っ張り出されて死刑でしょう。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.