★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25064642

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -12-

1:飯山一郎 :

2015/11/17 (Tue) 15:54:51

host:*.ocn.ne.jp
世界は、いま、既存の構造そのものが変容しはじめ…、国家の崩壊、社会の混迷、経済の混乱、人心の乱変等々、世界の全局面が混沌の様相を呈している。「パリ偽旗テロ」なんぞは、その一現象でしかない。我が日本国は、「崩壊先進国」・「カオス大国」として世界の最先端を先駆している。我々は、カオス化崩壊現象の渦中でも生き残る知恵と技術を磨くほかはないのだ。
75:木枯し紋次郎 :

2015/11/19 (Thu) 05:49:41

host:*.opera-mini.net
 イラクを大混乱に陥れたご褒美として油田を頂いて石油を売って自活できるテロリスト。
勿論イラクを今の状態にしたのはアメリカ。
石油を売るにはトルコまで運ぶ。運搬手段は超大型タンクローリー。
今までどうしてこの車列を攻撃しなかったのか。
これで背景がはっきりわかりますね。
昼間ならはっきり見えるし、夜でも暗視装置がある。空からなら容易に攻撃できる。
アメリカ、イギリス、フランス、カナダなどの「有志連合」なるものはグルだった鼠ことです。
 すぐ隣のイスラエル様には「ガラス割り」すらしない「イスラムテロリスト」W。
そのうちタンクローリーが攻撃されると金欠でパトロンを強請りにかかりますW。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.