★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25813381

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -12-

1:飯山一郎 :

2015/11/17 (Tue) 15:54:51

host:*.ocn.ne.jp
世界は、いま、既存の構造そのものが変容しはじめ…、国家の崩壊、社会の混迷、経済の混乱、人心の乱変等々、世界の全局面が混沌の様相を呈している。「パリ偽旗テロ」なんぞは、その一現象でしかない。我が日本国は、「崩壊先進国」・「カオス大国」として世界の最先端を先駆している。我々は、カオス化崩壊現象の渦中でも生き残る知恵と技術を磨くほかはないのだ。
988:mikionz:

2015/12/26 (Sat) 12:07:16

host:175.136.189.246
プーチン大統領の9月の演説についての飯山一郎氏の論考に同感です。

今や国家間関係は成熟期に入り、これまでのような力の均衡や覇権や同盟とかいう考えが時代遅れになってきて
いると思います。中国とロシアが主導する上海協力機構(SCO)は国家間の戦争の廃絶を目指しているし、中国
には「共通の安全保障」の考えに基づき、日本の平和憲法と一卵性双生児とも言っていい「新安全保障観」があります。

このような考え方は「諸国協調」(concert of nations)という国際関係のあり方に導きます。プーチン大統領は
シリア「内戦」を終わらせるべく「中東諸国協調」体制の構築に向けて八面六臂の活躍中だと見なすことができます。

しかしながら、国際社会に内在する矛盾を国家間の戦争で解消することがなくなる一方で、それらの矛盾の体現と
言ってもいいテロリズムへの有効な対処方法を、SCO諸国といえども未だ確立していないと思います。

テロ組織という現代世界のガン組織を外科手術的手法で取り除き、抗がん剤でガン細胞を殲滅するようなやり方で
はなく、ガン組織の持つ効用を認めた上での対処が望まれます。東洋医学によれば、ガン組織は体内の毒素を集め
る働きをしているとか。この考えはテロ組織対応にも応用可能ではないでしょうか。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.