★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28785242

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


しとりごと4

1:さすらいの旅人 :

2016/03/20 (Sun) 14:41:16

host:*.bbtec.net

しとりごと

絡み不要なしとりごと

スッと想いを書き綴り

頭をスッとさせる。

だんだん短い文章になっていく。


しとりごと3
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15515265
145:飲尿獣医 :

2016/04/11 (Mon) 05:07:51

host:*.ccnw.ne.jp
亡六爺さん、返事遅れました。

私はてんやわんやを見て書かずにはいられなくなったのは
T君の自殺が私の不注意な行動、言動で起こったとか、それで自分を責めていたとかそんなことではないです。
自分ではなんとも抑えられない衝動が、あの青年の衝動と同質のものでなかったかと言いたかっただけなのです。

クドクドと回りくどい表現をして誤解を与えてしまったかもしれません。
去年も書きました。娘が私に対して「お父さんはいつも余分なこと言う」と。

亡六爺さんのいう、試練を与え死“人殺しのカミ”、それを死神と呼ぶならば
そんなものどこにも存在しないです。
人生誰にでも山あり、谷があります。その振幅が大きい人もいれば小さい人もいます。
(私のH.10のようにドン底からトップまで一気に登りつめてしまう人は少ないかもしれませんが)
その自分の人生にとって厳しい時、神さまの与えし試練を乗り越えた時、人は大きく成長します。
T君はその試練に耐えられなかったのです。神さまに応えられなく、自らの死を選んだのだと思います。
(T君の心とシンクロナイズした私が発した「車に突っ込まんでくれよ」というのも
実は私自身に向けて言っていたのかもしれません)
「がんの神様ありがとう」という人がいます。
その人は自分に課せられた試練を自覚し、神さまの存在を知った人です。そんな人は死を恐れません。



  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.