★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25461202

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飲尿獣医の屋根裏部屋

1:飲尿獣医 :

2016/10/05 (Wed) 04:48:50

host:*.ccnw.ne.jp
昨年11月に、2ちゃんの飲尿スレから誘導されココにやって来て
第7チャクラが開いてしまったと、変なこと言う動物病院の獣医です。
小動物臨床に携わって早40年。今までの経験、そして現在を
この屋根裏部屋から、自由気ままに呟きます。

私もネコが好きです。(イヤ、全ての生き物を愛しております)
385:飲尿獣医 :

2017/01/17 (Tue) 07:23:56

host:*.ccnw.ne.jp
土曜日に書きたかったお話、今日になってしまった。

Mさんちのチョビちゃんは、今年5月で17歳となる未去勢の老齢雄犬。
昨年6月の時、
元気、食欲が全く無くなり、もう年だからと様子を見ていたが、ヤッパリ診てもらわなければと連れてこられた。
そんなんだったので、私は検査もせず(普段からあまり金の掛かる検査をしないのだが)、点滴処置等をして帰した。
少し元気が出たという事で、私はMさんに飲尿させることを勧めた。
途中、排尿困難、血尿等もみられたが(去勢してない子だったので前立腺疾患も疑われる)
飲尿、治療で元気を取り戻し、もう既に悪くなってから7か月が過ぎた。
治療を開始して2か月位の頃からチョビちゃんは食器に入れた尿を自分から飲むようになった。
そして先日、奥さんから面白いことを聞かされた。
チョビちゃんは自ら、その日の体調により飲む量を調節しているというのだ!
調子のよい時は、飲まなかったり、少しだけ、悪い時は多く飲むと!
これはチョット、私も驚きだった。(飲尿を嫌う子ほど予後は悪いのは実感しているが)

またこれも余分な話ではあるが、
この奥さんのお母さんが、私の小学4年生の時の担任の先生だと、その日になって知らされた。
施設に入ってはいるが、88歳で健在だそうだ。
もう55年近く前の懐かしい人だ。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.