★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 26337326

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -20-

1:飯山一郎 :

2016/10/31 (Mon) 23:54:54

host:*.dion.ne.jp
中国に4ヶ月も滞在した日々は,表面的な事業進行は至極順調であるも,裏面では背信や裏切りを見抜き対処する三国志.異国での丁々発止は思考訓練の場としては最適であった.帰国して見聞する祖国の状況は「人が消えている!」の一言で説明可能だ.高性能の火葬システムが3年以上もフル回転してきたのだから,多死社会の認証にデータは不要だ.それにしても日中ともに,藪医者の如くデータなくば現実認識が出来ぬ阿呆が多すぎる罠!乱世・末世は,洞察力ある者のみが生き延びる.全身全霊を挙げて洞察力を磨け!
111:SAM:

2016/11/06 (Sun) 08:56:51

host:*.bbtec.net
>基礎の山猿さん
あなたの文章は意味が分かりずらいです。
もう少し丁寧に分かるように説明して欲しいものです。
例えば、スペクトルに関してもガンマスペクトルという表現を用いないと分からないと思います。
わたしは最初、アスペルガーや自閉症のスペクトルかと思いました。
以前の木枯し紋次郎さんの説明では、信号処理などでの波形の周波数表示の説明となっており、あのとき、ますまし意味が分からなくなり混乱しました。

>オハナさん
ガンマスペクトルを知っていても、他人に分かるように説明するのは結構難しいです。
先の私の説明で分からないようでしたら、以下のサイトでの使用例を見てください。
https://twitter.com/cdcreationinc1/status/794766180829380608
ここに現れるグラフでは、20日間使用した後のシャワー浄水器から出るガンマ線の周波数分布をグラフ表示したものです。
このグラフでは、セシウム134及びセシウム137のスペクトルが非常に多いことが分かります。
これは、このシャワー浄水器が、選択的に、これらの放射性物質を吸収したことを示します。

>堺のおっさんさん
>「ホ」対策において、飯山氏ほど明確な方針を示された方は他にいない。
と申したのは私です。少し長くなりますがお許し下さい。
不正確な表現で、誤解を受けるのが嫌なので、自分の考えを正確に伝えようとして、文章が長くなってしまいます。

確かに、基礎の山猿さんがおっしゃるように、ガンマスペクトルの話は、放射能による健康被害を考える上で初歩中の初歩と考えられていますが、実はそれほどの重要ではありません。
現実として、ガンマスペクトルの話を理解している人が、きちんと、放射能の健康被害について理解しているかというと、そうでないからです。

簡単なガンマスペクトルで判断できるのは、セシウムなどの特定の放射性物質のみです。また、どれだけの放射性物質を吸い込んだり、食べると危険であるかについては、十分に分かっていません。
外部被爆については、かなりデータの蓄積があり、それなりに、正しい被害の予測が出来ますが、内部被爆については、本当に分かっていません。
内部被爆のリスクを測る目安として、預託線量とは実効線量という言葉があります。
これは、個々の放射性物質を体内に吸収した場合での、被爆量を外部被爆に換算する公式です。
しかし、この変換公式がインチキで、十分な根拠を見たことがありません。
これは、onodekita(http://onodekita.sblo.jp/)さんも指摘していす。
内部被爆の場合、他の人が平気でも、それらの人の10分の1の期間その場所にいるだけで心臓発作や脳機能障害を起こす人が居ます。
これは、平気な人の場合、取り込んだ放射性物質の大部分を体外に放出することに対し、これらの病気を発症する人は、腎機能障害などにより、それが不可能であるからです。
私の知り合いの外国人が震災1年後に併せて1ヶ月程度、関東と仙台に滞在しただけで、帰国後、心臓発作や脳機能障害を発症しました。
もちろん、ホスト役の日本人は平気でした。彼の場合、砂糖のとりすぎで医師から砂糖の摂取を禁止されていたので、おそらく、腎機能に相当問題があったと思います。
それから、日本人の場合、味噌や納豆などの発酵食品をよく食べるので、これが意外と、被爆回避に役立っていると思います。
もちろん、乳酸菌を含め積極的に自分で発酵食品を作る方が優れています。
しかし、日常レベルでの発酵食品の摂取レベルでは限界があり、継続的な放射性物質の摂取による腎臓などの排出系への負担は無視できません。
個人差はあるもののいずれ、何らかの病気を発症するのではと考えています。
また、ごく一部の排出が困難な放射性物質があります。これらに対しては、免疫力を高めるしか方法はないと思います。

結局のところ、放射性物質による健康被害を避けるには、可能な限り、放射性物質の摂取を避けて、発酵食品による体力増強しか方法はないと考えます。

特に日本の場合、ほとんど全ての小学校で給食制度があります。
中学校になると、弁当のところが結構ありますが、小学校で弁当のところは私学を含め殆どありません。
日本国憲法には子供に教育を受けさせる義務が明記されていますが、給食制度がある以上、内部被爆は避けれません。
言わば、日本国憲法をあぶりだすと、子供を内部被爆させる義務が書かれているのではと思いたくなります。
これに対する解決は、給食制度を撤廃させるか、海外に移住するか2つに1つです。
(正直言って他人を変えることは不可能で、変えることが出来るのは自分のことだけです。)

農地の放射能汚染は深刻です。
都市部でのコンクリートやアスファルトの上の場合、短期的には、放射性物質の舞い上がりは深刻で、これを吸い込むリスクがあります。
しかし、日本のように、雨が多く、毎年台風が来る環境では、これらの風雨が、かなりの放射性物質を洗い流してくれます。
フクイチからの放射性物質の放出さえ止めば、ある程度は期待が持てるのですが、これについてはなんともいえません。
チェルノブイリのときのことも調べましたが、キエフなどでも除染のため、かなり散水を行ったようです。
日本では、行政はほとんど除染をしませんが、台風がかなり除染をしてくれたようなものです。
ただ、日本の都市部の場合、ゴミの焼却という問題があります。
ゴミに混じった放射性物質が焼却により気化し活性化する危険があります。
この危険は、焼却場のバグフィルターの性能にかなり依存します。
三田医師の報告によると、関東地方での白血病の発症とごみ焼却場の位置には相関があるそうです。

一方、農地の場合は土壌に一旦しみこんだ、汚染は消えません。
あまりにひどいところだけ、土の入れ替えを行ったようですが、大部分の箇所は何もしていません。
農地に染込んだ汚染の場合、風雨が洗い流してくれることも期待できません。
たぶん、国内農産物の汚染は簡単には解決できないと思います。

正直言って、これらに対する解答は容易ではありません。
現状では、飯山御大が最も有効な解決法を提案しているのは事実です。
健康法のレベルでは根本的な解決は不可能で、事業ベースで何か成さないと、移住を含めた解決策は実現できません。
飯山御大のみが唯一、事業ベースでの解決策に向けた取り組みをしています。
基礎の山猿さんの批判を好意的に受け止めるのであれば、飯山御大がこのような取り組みをなさり、一歩一歩進展させているにも関わらず、この掲示板の大多数の住人はほとんどこれに対して十分な貢献していない点を問題にされているように思います。
先日の歓迎会に参加しましたが、このような御大のご活躍に比べ、自分はこの問題に対してほとんどなにも貢献できていないことが歯がゆく感じました。


このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.