★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28691144

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -20-

1:飯山一郎 :

2016/10/31 (Mon) 23:54:54

host:*.dion.ne.jp
中国に4ヶ月も滞在した日々は,表面的な事業進行は至極順調であるも,裏面では背信や裏切りを見抜き対処する三国志.異国での丁々発止は思考訓練の場としては最適であった.帰国して見聞する祖国の状況は「人が消えている!」の一言で説明可能だ.高性能の火葬システムが3年以上もフル回転してきたのだから,多死社会の認証にデータは不要だ.それにしても日中ともに,藪医者の如くデータなくば現実認識が出来ぬ阿呆が多すぎる罠!乱世・末世は,洞察力ある者のみが生き延びる.全身全霊を挙げて洞察力を磨け!
235:堺のおっさん :

2016/11/09 (Wed) 17:53:57

host:*.ocn.ne.jp
>>231 亀さん
あまりに薄氷を踏むという表現がぴったりの票差で、最終的には1%も差がない
得票となるでしょう。その中で、予想はあまり意味がないと。

ブッシュJrとゴアの時は得票で勝りながら負けるという現象もあった。
幸運だったのか、戦略がはまったのか、など色々と後講釈はできるんでしょうが、
やはり見落としてはいけないのは、名わき役のサンダースが出てきたりと、
アメリカの一般国民が焦点になって、その実現のための国益と主語が置き換わった
というのが今回の選挙ではなかったかと。

これまで1%の政治にならされ続けたので、イメージが湧かない恐怖。
これからは、それとの戦いではないかと思います。

しかし、その道をいつの間にか開いていたのがオバマだったし、アメリカも
国民を守る国家になる方向へと進まざるを得ない。だから連続性はある。

当然、世界戦略は見直さざるを得ないし、金の配分も大きく変わっていく。
1年ほどかけてトランプという存在に世界が慣れたころ、彼はモスクワへと
行くだろうし、もっと早いかもしれない。核兵器予算の相互削減や中東問題
も急速に進むだろう。何しろ、事実上トランプのキャンバスはまだ白紙です。

本来、こうしたことにはもっとふさわしい人物がいるとは思いますが、それが
歴史であるとも。残念ながら、サンダースでは線が細かったかな。

良い大統領が誕生したのではなく、おもろい御輿の大統領が誕生した。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.