★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27539981

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


『てんや蛙』の『座敷牢』

1:飯山一郎 :

2016/12/05 (Mon) 15:12:39

host:*.ocn.ne.jp
『放知技』の常連諸兄なら,本スレのタイトルを一見すれば一瞬で納得だろう.しかり!本スレは,揚げ足取りやイチャモン,難癖つけしか出来ない「ボロボロ・ウラジミール蛙」こと軒下蛙クンを隔離収容するスレである.軒下 蛙クンは,このスレだけに書くよ~に! ←このルールを破った場合は,アク禁!【管理人】
931:明石原人 :

2017/02/13 (Mon) 05:43:21

host:*.nttpc.ne.jp

>>929
『東日流外三郡誌』を含む和田家文書の研究は、偽作キャンペーンが「成功」
した後も、「中身」を検討しようという姿勢を崩さず、地道にやっております。

5年前だったか、東京の方と生駒市の白谷へ調査に出かけました。
二人でナガスネヒコ・ニギハヤヒの墓を訪ねました。

江戸時代に秋田孝季が訪ねたという場所の探索です。
墓を発見。地元の方も訪れることのない、ひっそりした場所でした。

この時のことです。和田家文書に書かれた挿絵と同じ光景に出くわしたのは。
東北の一人のお百姓さんが、この挿絵を描けるはずもなく、現地を訪れた
者しか描けぬ挿絵です。

東京の方とはその次の年も私の家に泊まって頂き、現地調査をしました。

今年の3月31日から4月2日まで、2泊3日でこの現地調査を元に
研究旅行を行います。

東京古田会と古田史学仙台の共催企画です。
【和田家文書の「天皇記」「国記」の河内・奈良を歩く】です。

偽作キャンペーンの中から、それに屈することなく、
地元の方による研究会ができたのです。東北から関西まで来てくださるのです。

地道に、迫害を恐れず、「中身」の検討は続きます。

5年前にたった二人で、よろよろと歩いた場所を、次は多くの人が歩いて
現地調査、現地見学です。

アホなシト達と言われながら。
でも誰もこの調査を物理的につぶすことはできません。

真書だ、偽書だと「答えを先に見つけての論」ではなく、とにかく「中身を
研究しよう」が当たり前です。「真書・偽書枠設定策動」はしないように。




  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.