★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 29894152

top
原発4基が大爆発し何百トンもの核燃料が飛散し,あるいはデブリとなり,ホットパーティクルが列島全域に飛翔しまくった.これは国家存亡の危機であったのだが,今の日本国は(多病多死社会であるも奇跡的に)安泰!(日本は神州!…なのか?)のみならず経済はアベノミクス好況,外交は全方位難なし,野党が根拠なしの疑惑で騒ぐも安倍一強の下,国政運営は順調.難を言えば,徴税権と財政改革権(PB)が未だ国政が官僚支配下にあることだ.ここは先入観を排し,現実熟視・実事求是でいこう!(M部長・飯山一郎)
bar1
極上
bar2
2018年は戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘現実熟視,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ へっぴりごし ぽんぽこ笑店


柿本人麿と九州王朝

1:明石原人 :

2016/12/16 (Fri) 10:56:09

host:*.plala.or.jp
「一元通念は、論証を経ておらず、
その正しさを証するに足る根拠もない。」・・・・・・中小路駿逸

「近畿大和なる天皇家の王権は、
七世紀よりも前から日本列島内で
唯一の卓越して尊貴な中心的権力であった。」・・・一元通念(一元史観ではない。単なる通念。)


「七世紀よりも前から」が、大嘘。

「七世紀より前は九州王朝。」  (その前は出雲王朝。そして・・・その前は分からないが・・・・。)

近畿天皇家=大和朝廷は、「八世紀から」。

八世紀の近畿天皇家自身が、正直に、我が王朝の始まりは、八世紀からだと宣言している。

『日本書紀』『続日本紀』の読み間違いが一元通念を生み出している。

一元通念ではなく多元史観で歴史をみる。論証と根拠が必要。

一元通念を非としたとき、
東北王朝、関東王朝、越王朝、吉備王朝、出雲王朝、九州王朝、近畿王朝・・・が、浮き出てくる。

多元的古代の登場。

多元史観で古代を語ってみたい。

人麿を中心にして。


18:Mm :

2016/12/27 (Tue) 15:16:19

host:*.ocn.ne.jp
明石の先生の講義が御進行中ではありますが、大雑把な所感を少々。
くだらある人々が日本列島の外からやつて来た7世紀半ば頃の時点で、大和・河内・堺その他の古墳群は既に存在した。
だがそれ以前には「日本」も「天皇」も存在しなかつた(成立するのは8世紀初頭)。
つまり、それらは「天皇陵」ではなかつた。
しかし元々それらの古墳群を作つた人々、即ち後世に勝手に「日本」の「天皇」にされてしまつた支配層の人々は、何時何処から来たのか。その正体は何系なのか。
くだらある人々が激しい対立もなく入り込んでゐる(?)ことからすると、元々同系かそれに近いルーツの人々なのか。
『記紀万葉』編集過程で、それ以前からの文書の大部分は焼かれてしまつたのだらうか。
兎も角7世紀半ば以前の「天皇陵」のどれがどれなのかといつた議論は相当くだらないやうに思ふ。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.