★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 23475030

top

ここは、射能地獄を生き抜き生き残るための恵と術を伝え合う掲示板です。国家や政府やマスコミが「殺人機関」と化した今、放射能から生命(イノチ)を守るサバイバル技術の習得だけが、生き残り(survival)を保証する最後の砦(とりで)です。放射能地獄では議論は不要!互いに助けあう者たちが集い、互いに助けあう!いまや、日本人が生き残る道は、自助努力と相互扶助。この二つしかないのだから。(管理人:飯山一郎 TEL:090-3244-5829)
地獄の釜が満杯になる日】あの亡国の原発大爆発から6年の歳月が(徒に)流れた.この間,核燃料の超微粒子(ホットパーティクル)を吸引し続けたがために,1億総内部被曝!結果は,激甚なる多病・多死社会が到来し,都会の人影は見る影もない.徹底した報道規制で大量死は不可視.ために1億総危機感ゼロの脳天気.この精神の劣化で,フクシマ以前の日本民族は消滅.日本民族の絶滅は(数百万人を除いて)すでに完了している.

飯山一郎のHP(ミラー1) 飯山一郎のHP(ミラー2) なんちゃらかんちゃら 野崎博士の『文殊菩薩』 里子のブログ


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -23-

1:飯山一郎:

2017/02/16 (Thu) 12:50:24

host:59.8.72.31
前スレでは『破武の横領罪』が問題になった.放知技のスターだった破武のニギヤカな書き込みは,すべて「客集め」と「カネ集め」の為だった.このことがバレ,飯山一郎が叩きまくり,社会的制裁を受けた結果…,破武(中村正臣)は発狂自爆状態になり,帰国もできない.破武は「飯山一郎」の名を一生忘れず,ウラミ骨髄の人生.それでE~のだ.水に落ちた犬を更に叩く!こ~ゆ~激烈な表現活動を鍛える道場.それが放知技なのだから….本スレも更に激烈なスレにするべ!>皆の衆
394:飯山一郎:

2017/02/27 (Mon) 22:02:14

host:211.46.183.89
 
    「政治」を語るための前提条件について ーその7ー

本シリーズは,7回目になりました.

本シリーズは,「好き嫌い」 「善い悪い」 「べき論(当為論)」といった私の個人的な感情を排除して書いています.

さて今回は…,新井信介氏が,日本人の政治論としては,格好の文章を書いてくれたので,論評します.

新井信介氏は本日,こんな↓↓論理で安倍総理に辞任を迫っています.

>「アンダーコントロール」と言い切ってしまった安倍晋三では、
>この状況を変えることができない。
>日本の再生復活のためには、けじめが必要だ。
  http://www.k2o.co.jp/blog4/2017/02/post-362.php

この文章は↑↑「日本人は延々と総理非難を続ける」(>>363)で私が指摘したとおりの政治論です.

安倍晋三が「嫌い」で,「辞めろ!」と非難したい気持ちは分かりますが…,

しかし,新井信介氏の文章には「独善」と「独断」が多い.


先ず…,安倍晋三が,なぜ「アンダーコントロール」と言い切ってしまったか? についての考察が全くない.

総理大臣に毎日「情報」を上げるのは官僚の仕事ですが…,

日本中に54基もの原発をつくらせた原発ムラの絶対支配の状況下にあった日本.

そこでは原発ムラ所属の官僚が,すべての原発情報を監視下・管理下においていました.今もそ~です.

電通と読売は,国民向けの原発情報の全てを監視下・管理下においています.

ですから,(コントロールできない)フクイチの真相情報は,首相官邸には絶対に上がってこないのです.

当時の(あるいは現在も)首相官邸は,上から下まで「フクイチはコントロール下にある!」と思い込んでいたのです.

こ~いった調査,分析をせず…,新井信介氏は,安倍晋三が「アンダーコントロール」と言い切ってしまった!と,安倍晋三ひとりに全ての責任を押し付けて辞任を迫っています.


いつもいつも毎度毎度…
「こいつは悪い総理大臣だ,早く辞めさせよう!」 と,いうことしか言えなかった日本の反体制知識人と同じレベルに新井信介氏もなってしまった?


「総理を辞めさせれば日本は良くなるの?」 と,いつも問われながら,いつもロクな返答が出来なかった…,いつも,この繰り返し.

「じゃあ,いま,誰が総理大臣になれば日本は良くなるの?」 ←この問に対する明快な回答も, いつもいつも毎度毎度…,ありませんでした.

そ~して,最後の決まり文句は,「けじめが必要だ」.


日本の再生復活! その第一歩は,日本を支配してきた悪辣な戦争屋ネオコンと手を切ること!!!

この大英断を↑↑最近ヤッた政治家がいましたよね? 誰でしたっけ?>新井信介さん

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.