★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25112562

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! いま,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -23-

1:飯山一郎:

2017/02/16 (Thu) 12:50:24

host:59.8.72.31
前スレでは『破武の横領罪』が問題になった.放知技のスターだった破武のニギヤカな書き込みは,すべて「客集め」と「カネ集め」の為だった.このことがバレ,飯山一郎が叩きまくり,社会的制裁を受けた結果…,破武(中村正臣)は発狂自爆状態になり,帰国もできない.破武は「飯山一郎」の名を一生忘れず,ウラミ骨髄の人生.それでE~のだ.水に落ちた犬を更に叩く!こ~ゆ~激烈な表現活動を鍛える道場.それが放知技なのだから….本スレも更に激烈なスレにするべ!>皆の衆
562:飯山一郎:

2017/03/03 (Fri) 06:03:31

host:211.46.183.89
>>542
乙さんが↓↓次のような知見を示してますが….誤りがあるので指摘します.

>乳酸菌は悪くないが、その発酵産出した乳酸の酸が常在菌環境を破壊する場合がある。
>pH3.5のようにとても強い酸性だと、常在菌をすべて殺してしまう。

>つまり、消毒液で殺菌し続けたようになってしまう場合もあり、
>その場合、殺菌しすぎた場合には、虫歯や歯周病の原因菌のような不都合な菌が
>口の中で突出しやすいということも関係していそうなことがうかがえる。


腸内常在菌とは摂取した食べ物の栄養分(炭水化物,タンパク質,脂肪)を分解する菌類のことですが…

食品栄養物を分解する腸内細菌を,乳酸菌が破壊して殺菌することは一切全くありません!

たとえば,タンパク質をアミノ酸に分解する腸内細菌は酵母菌ですが,酵母菌は乳酸菌と腸内共生関係にあります.

酵母菌は,乳酸菌が生成する乳酸を摂取して元気になり増殖する.←こういう共生関係があるのです.

ですから,乳酸菌が酵母菌(タンパク質分解菌)を殺してしまうことは,ありません!

脂肪分解菌や炭水化物分解菌も…,乳酸菌とは共生関係にありますので,乳酸菌に殺されることはありません.

そして,人間の腸内では乳酸菌が不足状態になりやすい.

だから人間は,漬け物など乳酸菌入りの発酵食品を食べながら,食事をするのです.


それから…,

硝酸や硫酸といった「酸」(鉱物酸)には強力な殺菌能力がありますが,乳酸菌には殺菌能力がない.

乳酸菌は,腸内微生物を,むしろ生かしてしまう,増殖させてしまうのです.

乳酸は,pH3.5と「強酸」に近い「酸性」ですが,「酸」と「酸性」の区別が出来ない方が多い.

乳酸菌は,「酸性」がpH3.5なので,「酸性」は強いですが,鉱物酸のような「酸」ではないので,常在菌を殺さない.

↑↑この秘密を書きます,

乳酸菌には,鉱物酸のような「酸化力」が全くない!ということです.

鉱物酸の殺菌能力は,「酸化力」が強いので…,常在菌は「酸化」されて死んでしまう.

ところが! 乳酸菌には,「酸化力」(ORPがプラス)がなく,「還元力」(ORPがマイナス)があるので,常在菌を「酸化」させることはない!

ですから,「pH3.5のようにとても強い酸性だと、常在菌をすべて殺してしまう」という知見は,誤りです.


ただし! 乳酸菌は,「酸性」に弱い「嫌気性グラム陰性菌類」は,殺します!

「嫌気性グラム陰性菌類」とは,歯周病の原因菌であります.

また,腸内の腐敗菌の大半は「嫌気性グラム陰性菌類」であります.

したがって,乳酸菌を摂取すると,腸内の腐敗菌が抑制(殺菌)されるので,人間は健康を取り戻すのであります.

発酵食品を摂取し続ければ,人間は健康状態を維持できる! このことを忘れてはいけません.

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.