★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28778424

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


乳酸菌・アミノ酸農業を語る

1:堺のおっさん :

2017/03/04 (Sat) 09:07:35

host:*.ocn.ne.jp
不思議な縁というものがある。

大昔… 天武天皇が済州島の西帰浦(ソギッポ)から九州の志布志へ。

そこから… 河内へと移られた。

アミノ酸とミネラルを豊富に含むアオサ発酵堆肥。

これもまた、同じ縁と経路で送られた。不思議なことである。


戦争が劇的に減り、人類の繁栄へと世界の各国が競う新時代が来る。

激増する人類を支える食料は、乳酸菌をフル活用した農業しかない。

アミノ酸農法はその最高峰に位置するだろう。

何億、何十億人を支える農業を語ろう!! 皆の衆。
248:堺のおっさん :

2017/07/05 (Wed) 04:24:25

host:*.ocn.ne.jp
http://toneri2672.blog.fc2.com/

↑ 亀さん、次元の違う指摘をありがとうございます。

世に存在するものはすべて何らかの存在理由がある。こうした物の見方は

好き嫌いの感情に支配されている人間にはなかなか理解できません。

乳酸菌の天敵である腐敗菌だってこれがなければ、世の中に有機物が際限なく

蓄積していくこととなり、困ったことになります。

腐敗と発酵の関係はそれこそ表裏の関係であり、発酵のみの世界もこれまた

存在しえないのです。

作物と草の関係もこれと似ています。草も生えない土で育った作物。

こんなものは口にしたくははないでしょう。

目には見えない微生物が織りなす土の中の世界。

草や作物と微生物の関係は相互依存のものすごい世界なのでしょう。


あらゆる作物は、草を源流とします。長年、人間の食用に改良されました。

不適切かもしれませんが、奇形化を進めてきたのです。草の方が強い理由は

これだと思います。どこか不自然なのですが、草が本来持つ自家毒は食用には

不要なので、自家毒の薄い品種を作物に仕立て上げてきた。食せないことも

ないが、あく抜きなどの手間がそれこそ大変でしょう。

自家毒を抜かれた人間用の作物は草に比べ、虫や病気にも弱いはずです。

人間の作りだした、自己矛盾なのだと思います。

次元をあげないと、こうした見方はできません。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.