★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28701544

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


乳酸菌・アミノ酸農業を語る

1:堺のおっさん :

2017/03/04 (Sat) 09:07:35

host:*.ocn.ne.jp
不思議な縁というものがある。

大昔… 天武天皇が済州島の西帰浦(ソギッポ)から九州の志布志へ。

そこから… 河内へと移られた。

アミノ酸とミネラルを豊富に含むアオサ発酵堆肥。

これもまた、同じ縁と経路で送られた。不思議なことである。


戦争が劇的に減り、人類の繁栄へと世界の各国が競う新時代が来る。

激増する人類を支える食料は、乳酸菌をフル活用した農業しかない。

アミノ酸農法はその最高峰に位置するだろう。

何億、何十億人を支える農業を語ろう!! 皆の衆。
260:堺のおっさん :

2017/07/14 (Fri) 16:58:25

host:*.ocn.ne.jp
草の役割とは何かを巡って、議論の入り口のような投稿をしました。

草はその場その場でバランスのとれた土壌を作るため、必要な種類の

草が成長してくるのではないか? これが、私の草観です。

これをもう少し突っ込むと、草と微生物の関係はどうなんだろうという

疑問というか、着想が湧いてきます。

乳酸菌も多様であり、玄米についている乳酸菌とヨモギについている乳酸菌は

違う種類。そうすると、特定の植物に特定の乳酸菌が付くのか? それとも、

特定の乳酸菌が、特定の植物を成長させるのか?

その他の微生物も同様であり、相性の良い微生物と植物といった相関関係が

あるのだろうという仮説にたどり着きます。

現代の農学ではこうした観点は欠落というよりも、無視されています。

すべてはチッソ・リン・カリで説明がつかなければ、論文に非ず。

ましてや、微生物が元素転換を行う可能性など、鼻から宗教的理論と

切り捨てます。

寒いヨーロッパで発達した現代農学。当然土壌微生物の活動は日本よりも

遅く、三圃式農業などで補わなければならなかった。

他方、ベトナムでは同じ田んぼで年3回お米がとれる。

微生物の活性化の度合いが天地ほどの差があることか。

我々は、まだ土壌微生物や乳酸菌などの本当の役割のほんの一部しか

知らないのではないか。

作物に並行して成長する草をいかに活用するかなどと言う視点は、

現代農学では証明できない戯言で終わってしまう。もったいないことだ。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.