★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 24069187

top

ここは、射能地獄を生き抜き生き残るための恵と術を伝え合う掲示板です。国家や政府やマスコミが「殺人機関」と化した今、放射能から生命(イノチ)を守るサバイバル技術の習得だけが、生き残り(survival)を保証する最後の砦(とりで)です。放射能地獄では議論は不要!互いに助けあう者たちが集い、互いに助けあう!いまや、日本人が生き残る道は、自助努力と相互扶助。この二つしかないのだから。(管理人:飯山一郎 TEL:090-3244-5829)
☆耐えた甲斐があった! あの亡国の原発大爆発から6年の歳月が(徒に)流れた.この間,核燃料の超微粒子を吸い続けたがために1億総内部被曝!結果は激甚なる多病多死社会の到来.しかし今,日本には大変化が起きつつある.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが…(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できない.けれども(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ.

飯山一郎のHP(ミラー1) 飯山一郎のHP(ミラー2) なんちゃらかんちゃら 野崎博士の『文殊菩薩』 里子のブログ


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -24-

1:飯山一郎 :

2017/03/13 (Mon) 20:55:21

host:*.dion.ne.jp
2月11日,日本国の政治構造は大変化した.『米国ネオコンによる日本支配が,永久に続くものと誰しもが諦めていた時,安倍晋三首相が米国を訪問,トランプ大統領と緊密な関係を構築したのである.これは,日本に巣食っていた米国ネオコンの追放を意味する.ネオコンを斬り捨てた安倍晋三首相は,どれだけ評価しても評価しすぎるということはなく,我々は「奴隷」から「半奴隷」へと〝昇格〟したのだ!(亀さんの文章)』.本24は,亀さん説を再確認しつつ,異論反論,激しくブッ叩き合うスレにしたい.ホは通奏低音.(管理人)
736:太秦東映 :

2017/04/08 (Sat) 23:04:56

host:*.zaq.ne.jp
長文ですんません。

諸識者の見方

米軍が巡航ミサイルでシリア軍を攻撃、そうした状況を利用してダーイッシュが反撃に出ている | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704080000/


安倍氏はなぜ、日本の国益と無関係の米国のシリア先制攻撃を支持するのか:日本国民を防衛すべき自衛隊がシリアで米国のために参戦させられる可能性浮上 ( 中東情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ 【石油】

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36640873.html


非戦派の軍帥・フリン,戦略家のバノン,草稿の名人・スティーブン・ミラー(31).国づくりの天才たちが去った現在のトランプ政権は,軍産複合体の巣窟になってしまった.

http://grnba.jp/index.html#aa04081


ロシアの越えてはならない一線を越えたワシントン: マスコミに載らない海外記事

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1318823/1335849/112883530


トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか?: マスコミに載らない海外記事

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1318823/1335849/112869532

トランプ大統領 ホワイトハウスの人員入れ替えか? WSJ報道

https://jp.sputniknews.com/politics/201704083518276/

ロシア国防省 米とのシリア「ホットライン」を一時停止

https://jp.sputniknews.com/politics/201704083518245/

●「北朝鮮の標的は佐世保と岩国基地」(EJ第4496号): Electronic Journal

http://electronic-journal.seesaa.net/s/article/448765834.html

小川和久氏情報

https://mobile.twitter.com/kazuhisa_ogawa

アサド政権側へのトマホーク巡航ミサイルによる攻撃は、トランプの米国とアサド政権を支持してきたプーチンのロシア、そして首脳会談を行っている習近平の中国との間で、

一定の合意が成り立っていることを物語っている。

米連銀の健全化計画にひそむ危険性

 【2017年4月6日】 バーナンキの過ちを、イエレンが目立たないように修正しようとして、QEの日欧への押し付け、

ゼロ金利是正としての利上げ、連銀の保有債券を放出する資産健全化が試みられている。

だが、債券金融システムは活性化に向かっていない。

逆に、危機が増している。そんな時に米連銀は、債券システムの活気が戻ったことを前提とした債券の放出を進めて大丈夫なのか。

連銀は、債券の放出をやらざるを得ない。だが、そこには大きな危険がある。【通貨】

   □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□ 【通貨】

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「“このままでは自由な銀行業が消失する”とIMFが警告」です。

⇒その理由は……:

 ─今起きている本当のこと。
  それは太陽活動の激変に伴うデフレ縮小化の不可逆的な進展です。

 ─米欧の統治エリートが考えていることの根本はこれだけです。
  それ以上でも、それ以下でもありません。

 ─そして表向き、彼らは社会工学的にアプローチしています。
  つまり「作用によって何とか乗り切れる」としているのです。

 ─しかし実際にはそうはならないことも熟知しています。
  最終的に「自然(じねん)」に勝ることは出来ないのです。

 ─そうである以上、「落ち着くべきところ」への収斂も図っています。
  このあたりが情勢を読み解きにくくしているのです。

国際通貨基金(IMF)が再び警告を発しました。
現在の金融緩和が進むと銀行業がつぶれるというのです。

マイナス金利が横行しているからです。
結果として、銀行業界の根本が揺らいでいます。

もっとも人類社会はそもそも利子を知らなかったのです。
知ってはいても「卑しいもの」と多くの社会でされてきました。

なぜならば「自然(じねん)」がデフレだったからです。
その大前提として寒冷化が続いていたのです。

ところがその後、温暖化が150年ほど続きました。
インフレ誘導が最適解となり、銀行業界が繁栄したのです。

そして今、再び北半球では寒冷化が加速度的に進んでいるのです。
その時、何が「最適解」なのかを米欧の統治エリートたちは知っています。

これから生じるのは、そうした転換のための現象なのです。
「グローバル・リセット」です。

今週末、米中首脳会談。隠れた本題は通貨か?文革の見直しの中国。米は北朝鮮を攻撃しない。

http://www.k2o.co.jp/blog4/2017/04/post-384.php


圓 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/圓

18世紀になると絹織物や茶の代価として、スペインおよびその植民地であったメキシコから多量のメキシコドルなどの大型銀貨が流入するようになり、


「銀圓」と呼ばれて中国国内でも広く流通した。

ロシアのルーブルはロシア語の「рубить」
(ルビーチ 切る、切り分ける、銀片)から来ています。
始めは決まった通貨はなく 銀の塊をカットして
その重さで徒を決めたためです。

複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、様々な謎や疑問を徹底的に究明する探偵飯山ナイトスクープ!

石油・資源・通貨このあたりに複雑に入り組んだ実は単純な究明のカギがあるのでしょうか?

飯山局長よろしくお願いします。

福島県の子供たち サハリン島で夏休み - News - 社会・歴史 - The Voice of Russia

https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_08_16/119710873/

私の夢は、子どもを助けてもらえる国家(ユーラシアアナスタシア連合)に将来、税金を納めることですわ。

プーチン大統領頼んまっせー







このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.