★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 25798899

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -24-

1:飯山一郎 :

2017/03/13 (Mon) 20:55:21

host:*.dion.ne.jp
2月11日,日本国の政治構造は大変化した.『米国ネオコンによる日本支配が,永久に続くものと誰しもが諦めていた時,安倍晋三首相が米国を訪問,トランプ大統領と緊密な関係を構築したのである.これは,日本に巣食っていた米国ネオコンの追放を意味する.ネオコンを斬り捨てた安倍晋三首相は,どれだけ評価しても評価しすぎるということはなく,我々は「奴隷」から「半奴隷」へと〝昇格〟したのだ!(亀さんの文章)』.本24は,亀さん説を再確認しつつ,異論反論,激しくブッ叩き合うスレにしたい.ホは通奏低音.(管理人)
836:亀さん:

2017/04/12 (Wed) 11:08:35

host:*.t-com.ne.jp
>>796

> 佐藤優がモサドに取り込まれ何らかの「契約」を結んだのは,2年近く前のこと.

飯山さん、このあたりについては小生も知りませんでした。流石に凄い人脈(情報源)をお持ちです。しかも、「2年近く前」と、時期もほぼ把握されているのには驚きました。

佐藤優は大分前からモサドのエージェントかと、ネット界隈でf噂されていましたし、佐藤優と交流のある『月刊日本』や『みち』の関係者、あるいは『月刊日本』の関係者を中心に佐藤優氏を囲み、「太平記を読み解く」と題する勉強会に、高校生の息子が幾度か参加していたので、時々様子を聞いてはいました。そして息子の話のから、佐藤氏はひとかどの人物だと当時は思っていました。しかし、同時に竹中平蔵との対談本『国が亡びるということ』を2012年に出版するなど、「アレ?」と思うことの多い人物でもありました。だから、亀さんにとって同氏のイメージは亀レオン…、ではなくてカメレオンといったところでした。


> 彼の発言からモサドの対日本戦略が分かってくるので,非常に有益なことなのです.

なるほどなと思いますし、本当に色々と気づかされることが多く、有り難く思います。それは、野崎博士の諸記事についても同様であり、たとえば今朝の新記事『国際関係論の鼻祖:鬼谷子』も、「キッシンジャーも鬼谷子を愛読していた」という情報、これは一読の価値があります。この一文だけで、今後のキッシンジャーの言動を一層正確に読み取れることでしょう。
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-8622.html


それから、>>832 静岡のたいやきさん、お久!


>北朝鮮空爆は遠のいた。
>
> って、なんでなるのですか?

実は、小生も同様に自称科学者殿の同投稿を読み、是非に訊いてみたいと思っていました。

自然科学者さん、まんずは静岡のたいやきさんの質問にお答えいただけないでしょうか。その上で、小生も色々と貴殿にお聞きしたいことがあります。なぜなら、紹介してくれた以下の記事…
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51439?page=2

近藤大介氏の記事は時折目を通すので、同氏の思想は大凡把握しています。で、何故に自然科学者さん近藤氏のような人物の記事を評価したのか、大変興味があります。静岡のたいやきさんの質問に回答した後、問い合わせていただくつもりですので、宜しくお願い致します。


亀さん@昨日は数年ぶりの休肝日を達成と思いきや、寝る前に焼酎をお猪口半分ほど…。でもまぁ、松井秀喜の連続出場ではないが、当面は酒と離れそうにない…

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.