★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 41128031

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


第15回 飯能新緑ツーデーマーチ

1:亀さん:

2017/04/01 (Sat) 03:23:09

host:*.t-com.ne.jp
2017年5月27日、埼玉県飯能市でツーデーマーチが開催されます。そこで、同行者を募ると同時に、ツーデーマーチについての情報交換等の場として、本スレッドを立ち上げました。

集合時間・場所、その他については、ブログに書きましたので一読ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

また、飯能市役所の案内も参照にしてください。
http://www.walking.or.jp/tournament/0fab8a44d339ae40fe069079848330f2359824e2.pdf

参加を希望される方は、本スレッドに一言お願いいたします。では、皆様とお会いするのを楽しみにしております!


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
100:亀さん:

2017/07/29 (Sat) 04:36:37

host:*.t-com.ne.jp

>>99

発酵花子さん、ようこそ! いつも本スレでの花子さんの発言に刺激を受けています。


> うーん、皆さん、Japan Times、Time, Newsweek と正統派ですね。

そりゃあ~、あーた、亀さんは性人君子…、ではなくて聖人君子だからね…。

で、他にも時々読んでいた英語の雑誌があったのを思い出した。『Playboy』…。昔は海外旅行に出かけるたびに、必ず『Playboy』を買い、入管に見つからないよう鞄に隠していたもんです…。日本でも『Playboy』を入手できたけど、〝修正〟してあったからね、ツマラなかった。ともあれ、お陰様で当時を思い出しました。ありがとう!



>>98

オガワさん

> 右手には丸山真男・小林秀雄・(九鬼周造)・神島二郎の本がありました。

神島二郎も含め、若い頃からこうした碩学の書籍を読んでいたとは凄いです。『いきの構造』の九鬼周造か…、懐かしいです。入手はしたものの、未だに積ん読のままで、お恥ずかしい限り…。


> 結語に”本書は日本の女がみた古代の魂の物語なのである”とありますが、
> それまでの分析がこの結語で矮小化されてしまったのでは?という思いがあります。

実は、小生も松岡の同記事の同結語を目にして、「アレ、そうなの…?」と、違和感を覚えたものです。だから、オガワさんの「矮小化」という評価に接し、ナルホドと納得出来るものがありました。


> これは男たちの切なる願いであり、希望であるとわたくしは理解しています。

この記述に加えて、オガワさんの追伸にあったシャーマニズムという文字を目にして、飯山さんが推薦していた『アナスタシア』(ウラジミール・メグレ著 水木綾子訳)が、脳裏に浮かびました。



>>97

mespesadoさん、聖人君子で、高倉健似で、決してHな話をしない亀さんのスレッドにウェルカム!


> 両雑誌の最初のページから最後のページまでを速読

小生も全く同じ方法でした! このやり方は、英語道を提唱した松本道弘という、小生の英語の師匠から教わった方法です。松本道弘については、旧ブログで少し書いたことがあります。御笑読ください。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2005/07/post_c15c.html

もしかして、mespesadoさんも英語道場に関係があったのでは?



>>96

岐阜 中野さん、

> 馬野先生からジョン万次郎スパイ説を聞いていた私には聖書日本語訳に携わった説を知り、一瞬うん?

馬野周二博士に関しては、『日本の危険―日米対決の深層』という本を読んでいますが、印象としては物凄い碩学だな、というものでした。その馬野博士の弟子的な存在だったのが、落合莞爾さんです。もし、落合さんに再会する機会があれば、どのような影響を馬野博士から受けたのか、聞き出してみたいと思います。



暑い中での仕事、これも修行だワイと亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.