★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 26926881

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★強靭で安寧な国をつくろう! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だ.しかし何が起ころうとも,国家が強力で,かつ強靭な指導者が国の総力を挙げて対処する!という国のカタチがあれば,国民の暮らしは守られる.ワシらの国=日本を弱くしてはイケない.小イケにハマってはイケない. 飯山 一郎
ままりんさんの願い:『いま,安倍総理を失う訳にはいかない!』 (記事)
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


第15回 飯能新緑ツーデーマーチ

1:亀さん:

2017/04/01 (Sat) 03:23:09

host:*.t-com.ne.jp
2017年5月27日、埼玉県飯能市でツーデーマーチが開催されます。そこで、同行者を募ると同時に、ツーデーマーチについての情報交換等の場として、本スレッドを立ち上げました。

集合時間・場所、その他については、ブログに書きましたので一読ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

また、飯能市役所の案内も参照にしてください。
http://www.walking.or.jp/tournament/0fab8a44d339ae40fe069079848330f2359824e2.pdf

参加を希望される方は、本スレッドに一言お願いいたします。では、皆様とお会いするのを楽しみにしております!


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
120:オガワ:

2017/08/09 (Wed) 13:55:48

host:*.home.ne.jp
>115 亀さん
在西のひろみさんのご紹介ありがとうございます。
子どもを海外で教育を受けさせたいということを過去に断念した私としては、少し
胸をざわつかせながら、ひろみさんのブログをゆっくり読ませていただきます。

亀さんはまたパンドラの箱を開けたようで、スペインに関しての記憶が浮かびます。

*二十歳前後の揺れ動く精神には、シモ―ヌ・ベエーユ(ユダヤ系フランス人、哲学者)
の「根を持つこと」「神の恩寵」「工場日記」などの思考は心惹かれるものでした。
(とはいえ、ギリシャ思想、神学という西洋の文化基盤がなければ本当の理解などは
できないということは分かりました)
ベェーユは、1936年からのスペイン内戦に”国際義勇軍”に参加して、この不器用な
知識人は炊事班に回され、そこで熱湯を浴びて負傷、撤退という経過を辿るのですが
アンガ―ジュマン(engagement仏)という社会参加のあり方が日本においても
戦後公認された(サルトルの功績)ことに繋がると思っていました。

後年(最近ですが)、この人民戦線(スペイン共和国)にコミンテルンが知識人や共産党員を
大量に組織して、国際世論に訴えさせ闘わせたということを知りました。
(へミングウエ―の小説”誰がために鐘は鳴る”は反ファシスト派を美しく描く)

コミンテルンの指導する勝利のために「ファシスト・フランコを倒せ!」という標語に参集した
国際義勇軍の人達。。
この時、負けたスペイン共和国の内紛はすさまじかったようで(トロッキストの殺戮等)
左翼―左端―サタンという言葉合わせが実は実態ではないのかとコワーイ想像をします。

>394の堺のおっさんが  (別板)
現在の政治状況を
『レーニンが理論化し、トロッキーが継承し、ネオコンで花咲いた手法。
 宣伝・扇動・暴露戦術』と明言されていますが、
この手法の歴史は長い――もしかすると、言葉が言語として定着する頃から
取り入れられてきたのではないのかと思ったりします。   
                          (つづく)


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.